オンライン相談室

モラハラ夫。会話なしでも平気な夫との家族観の違い。どうするのが正しいの??【ココロノマルシェ】

こんにちは、黒江香です。

1年前の私と比べれば、イヤなものはイヤ。ムリなものはムリ。ってはっきり言えるようになったのですが、息子曰く「もっと、強く言えー!」だそうです(笑)

相手と自分との境界線を引く。近しい関係になればなるほど、難しいものですよね。

境界線を引くって、なんでしょう・・・切るとか突き放すとかそういうことではないと思うのです。

「あなたは、そう思うのね。」「私は、こう思うの。」「こうなら、互いに歩み寄れるかしら?」こんなイメージでしょうか。

ここに思いをはせるためには、相手へのリスペクトって要るのではないでしょうか。

ということは、自分へのリスペクトもないと、相手を大切にしつつ線を引くってできないと思うのです。

相手を加害者にして、自分を被害者にすることは簡単かもしれません。ですが、誰も幸せにはなれません。

そこを抜け出す視点をもちませんか?

 

ココロってノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしております。

ココロノマルシェはこちら

▼いただいたご相談はこちらです。

 

夫との家族観の違い。会話無しでも平気とは!?

miwaさん

結婚15年、息子(中2)一人です。

夫からの長年のモラハラ、
そして今度は二度目の不倫です。

一度目は8年前。
モラハラから逃げて別居中のことでした。
おそらく軽い浮気で、のめり込んで無かったので許しました。

今回は、今年に入ってから発覚。
週2で、休日出勤と偽ってまで相手方マンションへ通うほどの熱の上げようです。

コロナ禍でも数回行きましたが、さすがに私が止めました。家族をコロナから守るため。

夫へは、全部知ってるよと伝えたら、不倫は否定しましたが、不倫相手宅へは行かなくなりました。
その代わり私と会話することを放棄しました。

会話すると、不倫しているボロが言葉の端々に必ず出ちゃうんです笑。
それに気づいたのと、
夫曰く「会話さえしなければお前に腹立って、俺が大声出すことが無いだろ」とのこと。
これは私を思ってのことではなく、気づかれたくない不倫に、あっという間に気付き、指摘してくる私を疎んでのことです。

このように、家庭内に夫婦の会話がなく、食事以外は自室にこもる夫。
子供がいるのに、会話の無い夫婦。これに関しては「なんにも問題はない。家族団欒は無駄だ」。私は子供への悪影響が心配です。

また、不倫の証拠は、探偵に依頼したので、有ります。
それでも夫は不倫してないの一点張り(夫へは証拠を見せていません)。
私は夫と話すと、大声出されるし必ず否定されるので、動機と震えが起きます。そうなると決まって毎日下痢にもなります。

この状況なので、長年のモラハラ、不倫で別居を決断したと話し合おうとしたら、「俺は悪くない。不倫なんかしてない。俺を怒らせるお前が悪い。お前の言葉がなければおれは怒らないんだ!別居なんて世間体悪いから許さない」と言って、私から生活費の銀行カードとクレカと通帳を取り上げました。
話し合いになりませんでした。

それなので、なにも言わず家を出て引っ越そうと考えています。職は決めてきました。夫のいない平日に置き手紙してさっと出ていくつもりです。

これだけ夫に酷いことをされても、帰宅したら荷物と妻子が居なくなって呆然とする夫を想像しかわいそうかな?と思ってしまい、私は悪いことを計画しているのかも…と思ってしまっています。

この考えが正しいのか、それとも、この考えは病んでいるのか、正しい判断がつきません。
客観的なご判断を教えてください。
宜しくお願いします。

 

miwaさん、はじめまして。黒江香と申します。

ココロノマルシェへ、ご相談いただだきまして、ありがとうございます。ご相談いただいてから、3週間ほど経っておりますが、その後いかがでしょうか?もう、家は出た後でしょうか。

長年のご主人のモラハラに、不倫。ずーっと耐えてこられたのですか?それは、お辛い日もいっぱいだったこととと思います。

これからは、miwaさんの幸せをベースに考えていきましょう。

さてさて、

>この考えが正しいのか、それとも、この考えは病んでいるのか、正しい判断がつきません。客観的なご判断を教えてください。

私の考えを言うなら、逃げるのもありだし、もぬけの殻にしても、いいと思います。行政を頼れば、逃げる道も場所もあるはずです。母子で入るシェルターなどもありますよ。

って、これだけで終わっちゃうのは・・・ですので、ちょっとこの後もお付き合いくださいませ。

miwaさんは、家を出ようと職場も決めてきたり、これまでも探偵を雇うなど、とても行動力がある方ですよね。そのmiwaさんが、ここにきて迷いをもっているのはどうしてでしょうか?

ただですね、正しさでは、正しさだけでは、人は幸せになれないんです。そこに、miwaさんが気づいているからではないかと感じたんです。

 

モラハラして、不倫するダンナが悪い。

まぁ、社会的にはそうなのかもしれません。ただ心理的には、そうせざるを得ない理由があるという見方をしますので、不倫=悪というとらえ方は致しません。

不倫された側にとっても、なぜに相手に不倫させたのか!?という視点をもってその問題を見ることをします。

あ、もうここで、読むのやめようとしてませんか!?もうちょっとだけ待ってくださいませ!

そして、先に謝りますが、ここから、もう一つだけ、miwaさんにとっては、耳の痛いであろうお話しをいたします。

>おそらく軽い浮気で、のめり込んで無かったので許しました。

>夫へは、全部知ってるよと伝えたら、不倫は否定しましたが、不倫相手宅へは行かなくなりました。その代わり私と会話することを放棄しました。

>会話すると、不倫しているボロが言葉の端々に必ず出ちゃうんです笑。

>夫曰く「会話さえしなければお前に腹立って、俺が大声出すことが無いだろ」とのこと。
これは私を思ってのことではなく、気づかれたくない不倫に、あっという間に気付き、指摘してくる私を疎んでのことです。

miwaさん、彼のことを馬鹿にしてますよね。下に見てますよね。彼を馬鹿にして、下に見ていると、おそらくどんどんそんな男性になっていきますよ。

彼にそういうラベルを貼って、そういう男性として扱っているのですから・・・

miwaさんが、彼を下に置いて、自分を上に置かないといけないのはどうしてでしょう?

私はそのあたりを紐解いていくことを、miwaさんのとお会いすることができるのなら、したいと思います。

 

そして、miwaさんはこれまでの人生、正しさで、何とかしようとしてきたのではないでしょうか?

正しさで何とかしようとしていると、相手と、周りと、正しさ争いが生まれます。

彼の方も、自分の正しさを証明しないといけなくなるし、あなたに勝たないと!って、彼のできる力を行使しないといけなくなります。それがご主人にとって、モラハラであり、大声で怒鳴ることであったり、不倫であるのかもしれません。

>「俺は悪くない。不倫なんかしてない。俺を怒らせるお前が悪い。お前の言葉がなければおれは怒らないんだ!別居なんて世間体悪いから許さない」

まさにですよね。

 

さてさて、といっても、私は、miwaさんを責めているのではありません。

ここに至るのには、必ず理由があるし、そうならずにはいられなかった事情があるはずなんですね。

きっと、「正しさ」は、これまでの人生において、miwaさんを守ってくれた生き方だと思います。

どうして、miwaさんご自身が、正しさにこだわって、本来なら愛し合いたいと思って結婚したはずのご主人と戦わないといけなかったのかに着目します。

そこには、どんな理由があるのか。

そして、実際のセッションなら、miwaさんの痛み、心の傷を癒していくアプローチを何度となくしていきます。

 

私は、miwaさんの文章を読んでいて、とても深い悲しみを感じるんです。

とてもとても、深い。そして、「どうせ、ムリ」「どうせ、わかってくれない」といったような諦め。

それはもちろん、ご主人との関係で感じてきた感情もあるでしょうし、もっと前から持っていた感情もあると思います。

となると、ご両親との関係や、幼少期のこと、これまでの恋愛なども掘り下げていくこともするかもしれません。

 

ご結婚して15年、お子さんもいて、いろんなことがありましたよね。書いてくださっている、モラハラや不倫もあったけど、ダンナさまとの楽しいこと、嬉しいこと、喜びだって、皆無ではないと思うんです。

自覚があるかどうかは、わかりません。表面的には、息子さんを守るため、育てるためと思っていたかもしれませんが、

ダンナさまとの、喜びや愛を感じる日々を諦めきれずに、15年頑張ってこられたのではないですか?

子供がいるのにとか、子供への悪影響が心配って書いてありますが、本当はmiwaさんが、ご主人と語り合いたい、夫婦としての時間、家族としての時間をもちたい。そう思っていらしたのではないでしょうか。

私はそんな風に感じたのですね。

 

彼と何気ないけど、愛情を感じる会話をしたかったのかもしれません。

彼とお子さんと、あなたが用意したご飯を、ただ、「美味しいね。」って言い合って、3人で食べたかっただけかもしれません。

子育てで、悩んだとき、その話を彼に、聞いてほしかったことだってあったと思うのです。

 

それが叶わなかった悲しみ、自分にはできなかったという無力感、また、これはピントきにくいかもしれませんが罪悪感などを感じるんです。

夫との家族観の違い。会話無しでも平気とは!?

というタイトルにも、表れていますよね。

私は平気じゃない!!って続くのではないですか?

 

miwaさんが、我慢して、押し込んできた様々な感情を、感じて外にだしてあげることをなさってみませんか?

そして、ご自身の感情を押し込めることなく寄り添い、開放させてあげてみてはいかがでしょう?

また、ご自身をもっと大切になさるのをおススメいたします。

具体的に、何をするのか!?

ご主人への文句、言いたいこと、腹が立つことなど、紙に書きなぐりましょう。誰にも聞こえないところで、暴言言いまくってもいいです!(あくまで、本人にぶつけるのではなく、miwaさんの中から外にだしてあげるです。)

辛いとか、悲しいとか、みじめとか、寂しいとか。おそらくこれまでは感じないようにしたり、抑え込んできた感情ってあると思うのです。それらが湧き上がってきたときには、①と同じようにして、外にだしてあげてください。

また、自分で自分に「悲しいね。悲しかったね。」などのようにただ、寄り添うように、共感して声をかけてあげてみてほしいのです。そんなこと思っちゃダメよ。とか思っても仕方ないでしょ。みたいにするのではなく。

もし、自分自身にがやりにくいようなら、ぬいぐるみでもクッションでも、何かを抱っこして語るようにするのもよいかと思います。

自分をほめましょう!毎日5つ、自分を褒めるんです。

LINEで自分とのグループを作ってやるのが、私のクライアントさまにはご好評です。そして、そこで褒めるのはほんの小さなことでOKです。例)朝起きて会社行った。ご飯作った。お洗濯した。などという、おそらく「そんなん、褒めるどころか当たり前でしょ。」って思うようなことです。

④自分に優しい言葉をかけましょう。

鏡に映るmiwaさんに「かわいいね」「大好きよ」「いつも、ありがとうねぇ」などのお声かけをぜひしてみてください。

 

これらのことを、まずは1ヶ月なさってみてください。

やってみてどうだったか、やりにくかったのがあるとかないとかも含めて、よかったらお聞かせいただけると嬉しいです。

 

miwaさん、この度はココロノマルシェへご相談いただきありがとうございました。

miwaさんの、お幸せを応援しています。

 

③のLINEグループでの自分褒めは、こちらの記事もご参考に。

DV、モラハラのご主人を持つ方へ向けて書いた記事です。よろしければ。

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

甘えられないオトコマエ女子が、最愛の彼の愛され姫になる

女性性・セクシャリティ開花*カウンセラー黒江香

プロフィール

最愛の彼の愛され姫になる!個人セッション

あなたの女をひらく ランジェリーセッション

お客様の声

ご感想・お問い合わせ

オンライン相談室への無料相談

 

10日間、愛され姫になれる極意が届きます♪

No Comments
Previous Post
2020年7月11日
Next Post
2020年7月11日