女性性をあげて、愛させ上手な姫になるために

クレクレと、可愛いおねだりの違い。

クレクレ星人という言葉が数年前に出回りましたねー。だから、して欲しいことをお願いすることや、何かを頼むことを躊躇してしまうかもしれません。

ただのワガママで、クレクレになるのか、それとも叶えてあげたい!って相手が思う可愛いおねだりになるのかって、決定的な違いがあるんだと思います。

クレクレの人って、自分の状況しか考えてなくて、相手がどういう状況であれ、欲しい!!叶えてよー!!てなるのではないでしょうか。

こんにちは、カウンセラーの黒江香です。彼氏が欲しい!という女性や、彼とのセックス・セックスレスの相談をしたい女性のカウンセリングをさせていただいています。

あなたは、愛され姫であり、姫は、愛させてあげるという愛し方もできる女神性をまとう大人の女性へと成長をするのだと思うのです。

そして、女性は、その素質を誰もがもって生まれてくるのだと私は思います。

 

ただ、様々な事情により、姫をしそびれて、まるで勇敢な王子のように生きるしかなかったりすることもあるかと思うのです。

いきなり、女神性をまとう大人の女性になることはできなくて、やはり階段を1段ずつ上るように、少女から大人の女性になるステップっていると思うのですね。

 

香さん、こんばんは。

セッションからもう3週間。お礼も感想もなかなか送れなくてごめんなさい。

自分がセッションで何を感じたのか、何を恐れているのか、自分がどうしたいのか…。全くわからなくなって、ぐるぐると思考の渦に呑まれております

ぐるぐるしながら書き綴っているので、長文になっちゃったらごめんなさい。

香さんが送ってくれたセッションレポート、実は、なんだか言葉が全然心に入ってくれなくて…(ゴメンナサイ!)

 

なぜだろう?って思いながら、何度も何度も読み返しました。そして、ようやくわかったんです。

私、「大人の女性としての魅力」ってものに拒絶感があるようです。えーっ!??それ目指してセッション受けてたのに、なぜっ!??と驚いて、また混乱しまして…。

でもね、セッションをよーく思い出したら、私、本当はずーっと誰かに、甘えたいし、認められたいし、受け入れてもらいたいって、渇望していたんですよね。

子どもが無条件に愛されるって感じを求めているみたいな…。でも、「いいオンナはそんなことしない」って自分でブレーキかけて、子どもの頃から染み付いた自立系に磨きをかけていました?(^_^;)

ホントは「大人のオンナ」じゃなくて、愛される可愛らしい姫になって、素直に夫に甘えたり、愛を受け取ったりしたかったんだとおもうんです。

 

でも、夫の不倫もあって、こんなふうに言ったほうがほうがいいかな?こんなふうに甘えたらいいのかな?って、夫と接するときに思考的になってしまって、心が窮屈になっているのかもしれません。

じゃあ…

好きに甘えていいじゃないか?ってことなのか、でもそれって、クレクレになってしまうのではないか…?その違いは何なのか…

 

う?ん…まだまだ難しい…。なんだか心のぽっかり空いてる部分が、さみしい?と言ってるけど、自分で埋めるのは虚しいです。

でも、誰かに甘えて埋めてもらうのは、依存なの?

 

こんな感じで、まだまだ自分との問答を繰り返す日々ですが、こんなにじっくり自分の心と向き合うことって今までなかったので、ひとつひとつ、自分の心の謎解きをやっていこうと思います。

感想というより、セッション後のレポート提出みたいになっちゃいましたね。香さんとお話しすると、蓋をしてきた古い感情の傷跡が見えて来て、不感症の心が動き出すのかな?

誰かに聞いてほしくてレポートになっちゃいました。

また、お会いすることを楽しみにしています。お話し聞いてくださいね。

 

Yさま

 

Yさま、とっても素敵な気づきをありがとうございます。あなたは、いかがですか?「あーわかる!!」って、うんうんとうなずきながらお読みくださった方も多いかと思うんです。

はじめてお会いしたときには、ダンナさまの不倫もあって、別居中だったんです。今は、再同居となり関係を再構築中なさっています^^

とーっても優しくて、周りのために、まるで勇敢な騎士のように。そんな生き方もなさって来られていました。でも、女の子に生まれたんだもの。女の子の人生を生きて、ひとりの女性としての人生を生きていいんです。

 

>私、「大人の女性としての魅力」ってものに拒絶感があるようです。えーっ!??それ目指してセッション受けてたのに、なぜっ!??と驚いて、また混乱しまして…。

>でもね、セッションをよーく思い出したら、私、本当はずーっと誰かに、甘えたいし、認められたいし、受け入れてもらいたいって、渇望していたんですよね。

 

この気づき、めっちゃ大切です!!自分にその欲求がることを素直に認めること。これって、イイ子、優等生できた人ほど難しいのだと思います。

そしてね、大人って、子供時代を経てなるでしょ?いきなり大人じゃないんです。

ですので、子供時代に、しっかりと甘えたり、守られたり、ヨシヨシしもらう、そのままでいいんだよって受け入れてもらうって大切な経験です。そうしてもらったという感覚が大事です。

あ、だからと言って、そういう子供時代がなかったからといって、大人になれないということではありません。

 

>子どもが無条件に愛されるって感じを求めているみたいな…。でも、「いいオンナはそんなことしない」って自分でブレーキかけて、子どもの頃から染み付いた自立系に磨きをかけていました?(^_^;)

そうですねー。子供のころ、私がこの家を守らなくっちゃ!この家族は私が幸せにするの!!って頑張ってきた女性は、Yさまのようにブレーキかけているかもですね(^^;

 

>ホントは「大人のオンナ」じゃなくて、愛される可愛らしい姫になって、素直に夫に甘えたり、愛を受け取ったりしたかったんだとおもうんです。

これ、今からどんどんしましょ♡ダンナさまもそれを望んでいらっしゃるかもしれません。

 

>好きに甘えていいじゃないか?ってことなのか、でもそれって、クレクレになってしまうのではないか…?その違いは何なのか…

ここ、いろいろ学んだり、優しい人、いい人ほど悩むかと思います。

基本的には、甘えたいときには甘えていいのではないでしょうか^^

ただ、クレクレの人って、自分の状況しか考えてなくて、相手がどういう状況であれ、欲しい!!叶えてよー!!てなるのではないでしょうか。

 

そして、お願いすることもそこそこに、お相手が叶えてくれないと、拗ねたり、批判したり、攻撃したり。。。

自分は何も言わず、お願いもしないのに、

「なんでわかってくれないのー!!」

「愛してるなら察してくれるものでしょ!?」「

それがわからないのは、私への愛が足りないからでしょ!!」

みたいなことにも陥りやすい・・・

 

あなたはどうでしょう?

 

>でも、誰かに甘えて埋めてもらうのは、依存なの?

人間だもの、誰しもがその欲求を持っています。そしてそれがあるから、誰かと一緒にいたいと思ったり、結婚したいという思いも抱くんですよね^^

互いに補いあって、埋め合っていくのがパートナーシップだと思うんです。

依存心って誰にでもあるものです。それは嫌わなくても大丈夫です^^

精神的に自立している部分と、相手に甘える部分と両方あるものではないでしょうか。

 

彼女にお伝えしたこと。

それは、こうして私に送ってくださったことを、ダンナさまにお伝えしましょう!ということ。

 

私、本当はずーっとあなたに、甘えたいし、認められたいし、受け入れてもらいたいって思っていたのよね。

 

でも、そんなことしたら、まるで子供みたいって思われるかもしれないし、大人だからそんなことするのも恥ずかしくって、ついひとりで何とかしなきゃって頑張っちゃってたの。

 

だけど、本当はひとりで頑張ってばかりはもうしたくないのよねー。

 

たまには、甘えさせてくれる??

 

これなら、クレクレにはならないと思うのです。

このコミュニケーションをするためには、まずは自分を自分で受け入れて余裕をもつことも大事。

 

それができるのは、大人だからです。

じゃないと、

 

私、本当はずーっとあなたに、甘えたいし、認められたいし、受け入れてもらいたいって思っていたのよね。

 

なのに、あなたは、そんな私のこと、ぜんぜん気づいてもわかってもくれないし。

 

それって、やっぱり愛がたりないんじゃないかと思うのよ。

 

だから、ひとりで頑張ってばかりで、もうそんなのイヤ!

 

たまには、甘えさせてくれてもいいじゃない!!なんで、あなたはしてくれないのよ!!!

 

こんな風になりがちです。これって、依存的で、子供と同じです。

こうやって、文字にして読むと気づきますが、けっこうあるあるでやっていることなのかもしれません(>_<)

 

ときには、こうなっちゃこともありますし、それはしかたないですが、こういうときがあっても関係を壊滅させないためには、大人になる必要がありますよ。

 

頑張り過ぎない、犠牲になりすぎない、ひとりで抱えすぎないもとっても大事。

大人のマインドをしっかり育てて、そのうえで、彼にしっかり甘えさせてもらうとよいのではないでしょうか?

 

思考ぐるぐるのワナにはまっちゃうときには、

眠る・温泉でふにゃふにゃになる・エステでトロトロになる・セックスでトロトロになる。というのもおススメです。

 

そう、思考をストップして、感じることに素直に集中です♡

セックスでも思考が動いて、トロトロになれない・・・と思うあなたは、かなり思考優位になっているかもしれません。

そんなあなたは、どうぞ個人セッションもご利用くださいませ。

 

イベントやセッション日程はこちら!

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

 

サクッと簡単に!こころもカラダも最愛の彼から愛される♡ カウンセラー黒江香

セックスレス解消 カウンセリング

理想の彼氏ができる カウンセリング

No Comments
Previous Post
2020年9月24日
Next Post
2020年9月24日