恋愛・結婚に悩めるあなたへ

母より幸せな女性になっていい。

彼氏が欲しいのに、できない。結婚したいのに、ご縁に恵まれない。

彼氏はいるけど、ダメンズばかり。結婚はしたけど、問題ばかり。

 

パートナーシップを上手くいかせて、もっと幸せになりたいんです!という思いとは裏腹に・・・

 

私は幸せになってはいけない。

私なんて、幸せになる資格なんてない。

こんな私じゃ、彼を幸せにしてあげられない。

彼の愛を受け取るには、私は相応しくない。

 

そのような思いがあるのかもしれません。

こんにちは、カウンセラーの黒江香です。

彼氏が欲しい。もっと彼氏と仲良くしたい。ダンナさまからもう一度愛されたい。

男性と、こころもカラダももっと深く繋がり合いたいと願う女性のためのカウンセリングをさせていただいております。

 

私は幸せになってはいけない。

私なんて、幸せになる資格なんてない。

こんな私じゃ、彼を幸せにしてあげられない。

彼の愛を受け取るには、私は相応しくない。

 

このような思いをあなたが抱くとき、【罪悪感】をお持ちなのかもしれないのです。

簡単にいうと、【罪悪感】とは、

 

私は、誰かを傷つけた罪深き人間。

私は牢屋に閉じ込められ、囚われの身となり、罰せられなければならない。

私はが幸せになるなんて、許されないし、望んでもいけない。

もしも、幸せになっていいとするならば、それは、私が傷つけてしまった人々が全員幸せになるのを見届けてから。

 

そんなの見届けるの待ってたら、来世になっちゃうかも~!!

せっかくの、「今」を生きられない。

花を咲かさずに、つぼみで枯れていくなんて、なんと悲しい。

 

ですが、けっこうあるあるなことだと思うのです。

優しい人ほど。愛情豊かな人ほど。知らず知らずに抱え込んで、背負い過ぎて生きているのですね。

 

例えば、持病のあるお母さんが急死したことを、自分のせいかもって感じていたのなら・・

お母さんを助けられなかったことへの心残りや罪悪感。

いつも父の愚痴ばかり言っていた母の話しを、嫌々ながらも聞いていたのなら・・

いくらあなたが、お母さんの愚痴を聞いても、楽になってくれないお母さんに対して、罪悪感を持つこともあります。

 

もっと、私がお母さんのために、できたのならって。

それができなかった私には、幸せになる資格なんてない。

最高のものなんて望む資格はない。

これくらいでちょうどいい。これ以上を望んでは罰が当たる。

 

そう思って、本当にあなたが欲しいものを遠ざけようと、無意識でもすることがあるんです。

罪滅ぼしをするかのように、抱え込み、背負い込むような現実ばかりだったり。

 

それが、ダメンズとの恋愛なこともあるでしょう。

出会いが欲しいと思いつつ、出会いを自ら遠ざけるという行動にでていることもあるでしょう。

働かない、暴力をふるうダンナさまに豹変したということもあるでしょう。

いつも自分ばかり、大変な仕事を抱えるということもあるでしょう。

 

 

もう、自分への罰を与えるのはやめにしませんか?

もう、その重たい荷物を下ろしませんか?

 

 

あなたは幸せになっていいんです。

そして、助けられなかった母よりも、幸せになっていいんです。

 

母への思いを手放して、あなたが幸せになるために、実際のセッションではこのようなことをすることがあります。

【母を捨てて、自らの幸せを選ぶ】

それを実際にワークを使ってやるのです。

 

駆け落ちをして、家を出ていく日に置いていく手紙を書く。

 

ちょっと想像してみてくださいね。

ある日、あなたは、愛する男性と出会い、その人と共に生きたいと思いました。

互いにその思いを確認し、この先、生涯を共にすることを誓います。

ただ、あなたには引っかかることがあるのです。

病気がちな母のこと。

 

そして、あなたのことを頼りにしている母は、結婚へ大反対。

母のことは大切だけれども、でも彼との結婚もしたい。

とうとう、悩みに悩んだ挙句、駆け落ちという手段を択ばざるを得なくなったのですね。

 

その駆け落ちを決行する日に、置いて出る手紙です。

 

どんな言葉を、あなたは綴るのでしょうか。

たくさんのゴメンナサイもあることでしょう。

たくさんの感謝の思いも出てくるでしょう。

お母さんとすごした、年月が長ければ長いほどに、いい思い出もたくさんだし、辛い思いだってたくさんあるかもしれません。

そのようなことに思いを馳せながら、いろんなことを思い浮かべながら、あなたはお手紙に言葉をしたためるのです。

 

セッションでは、実際にそのお手紙を書いてもらい、読み上げてもらうということをすることがあります。

母を捨ててまでも、自分の幸せを手にする。

幸せになることを宣言する。

 

お母さんとの心理的距離が近い方や、お母さんを背負い過ぎている方にとって、けっこうエグイかもしれません。

ただ、母は母。あなたはあなた。

母の人生は母のものであり、あなたの人生はあなたのものなのです。

 

パートナーシップがなかなかうまく行かない。

もしかしたら、母との距離感が近い!?

 

そのように感じたあなたは、よかったら、駆け落ちする日に置いていく手紙を書いてみませんか。

もちろん、個人セッションでも、あなたのパートナーシップが上手く行くお手伝いをしております。

 

クリスマス特別企画は、あとわずか!

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

◆カウンセリング・イベントの最新情報はこちら

◆先月のよく読まれたベスト5記事

◆ブログの更新はTwitterFacebookでお届け フォローしてくださると嬉しいです♪

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆ブログでは書けない赤裸々トークや、ゲリラ募集はメルマガにて♡

No Comments
Previous Post
2020年12月1日
Next Post
2020年12月1日