黒江香の黒歴史

【黒江香の黒歴史】元旦になると思い出す、辛い日々と暗黒の歴史。

あけましておめでとうございます。2021年が始まりましたね。

あなたにとって、ますます幸多き1年になりますよう、心よりお祈りしております。

こんばんは、黒江香です。

メンドクサイタイプのパートナーと紆余曲折ありつつ25年。馬鹿ップルアを謳歌しているラフィフ妻でもあります。

 

今、ご家族と過ごしているあなたも、ダンナさまと別居中のあなたも、ダンナさまと一緒にいてもひとりのように感じているあなたも、今年が最高にしあわせな1年になりますように。

 

image

今年も初日の出を拝むことができました。

今日は、大晦日、そして元旦になると思いだす私の話しをよかったら、聞いてください。

新年を迎え、Facebookに投稿したものですので、もしかしたらご覧になったかたもいらっしゃるかもですが…

ここから。

 

2010年元旦。

息子が生まれた日。

ということで、大晦日はリクエストに応えてすき焼き。

チーズケーキも焼きました。

伊達巻きも作ったー。その他もろもろも。

よくやったー、私。

 

11年前の今頃は、ほんとうはとーっても心細いのに、全然大丈夫です!って顔してたわたし。

切迫早産で早々に10月から入院生活。

夫ひとりでは娘の面倒を見ることは不可能で遠く離れた鹿児島の黒江の実家に娘を転校させての入院。

 

入院する前も、講座の代行の先生を頼んだり、ブライダルエステのお客さまを他のサロンさんへお繋ぎしたり…仕事やらいろいろ段取り済ませて、身辺整理してやっと病院行ったら…即入院。

予想通りの展開。そうそう、ちょうど黒江の両親が結婚式で大阪に来ることも決まってたからそこに合わせたところも実はある。

その日までなんとかひとりでがんばろうとしてた。

 

そして入院して投薬・点滴しても予定日より早〜い出産。

おまけに予定帝王切開のはずがこれまた緊急帝王切開という。

 

この頃のダンナへの怒り(ホントは自分を蔑ろにしてきた自分自身への怒りやら寂しさや悲しみの深さ)がその後の夫婦関係・家族関係を壊す引き金にはなってたんでしょうねぇ。

 

とはいえ、そんなこんながあっての今。夫のこと、家族とのことが何もなけれは私はカウンセラーにはなっていません。

 

2020年は、家族で一緒にいることが増えて…

仕事いちばん!って思ってた私が、本音を認めざるを得なくなった。

仕事は大好きですが、家族が大切。家族が大好き。もしかしたら優先順位は仕事より家族が上なのかもしれないー

そんなことをやっと公言できるようになった、アホたんです(笑)

 

何年か後に、Facebookさんが、【○年前の今日の投稿】って出してくれるのを懐かしく読むのかなー。

そんなことを思いながら、投稿。

 

2020年は、たくさんの感情の解放をしました!

『泣くな!』って言われて育ち、それを頑なに守ってきた私がたくさん泣きました。

 

思いもよらないことを経験した年だったけど、その分気づきやら恩恵はたくさんでした。

夫をタグ付けしちゃろうかなー まぁ、いつも通りこのまんま投稿しまーす。

 

皆さまいつも本当にありがとうございます。

2021年幸多き一年になりますように。

 

Facebookにはここまで。 今日はその続きを。image

今日、元旦は息子の誕生日。

Facebookの投稿には書いておりませんが、この日、入院していたにも関わらず、予定日より1ヶ月半早い日に手術が決まりました。それも大晦日に、担当医が「明日、私、当直だから、何かある前に切っちゃいましょうか」という一言で。

 

でね、やっぱり怖いのよー。不安なのよー。

それでも上に書いているように、平気なフリしちゃうわけ。

正確には、平気なフリして気丈にふるまうことで、自分のメンタルを何とかして保とうと必死だったの(;’∀’)

で、当日、なんと、ダンナが、手術に向けて家族が来ないといけない時間が近づいても来ない!!

さらには、来たと思ったら、超不機嫌な顔!!!

いやー、あり得へん。

 

でも、それを何か言えもせず、不安なな気持ちを押し殺して、怖い気持ちを抑え込んで、手術を受けたのさー。

そんなこんなもいろいろあっての・・・

>この頃のダンナへの怒り(ホントは自分を蔑ろにしてきた自分自身への怒りやら寂しさや悲しみの深さ)がその後の夫婦関係・家族関係を壊す引き金にはなってたんでしょうねぇ。

です。

 

イヤなことをイヤといえない。

辛いことを辛いと言えない。

怖くても怖いとも言えない。

寂しくても寂しいと言えない。

悲しいのに、悲しいと言えない。

 

なんでもひとりで抱えようとして、我慢して。

これって、私の生きグセだったんです。

 

夫とのことだけでなく、ずーっと幼いころからの。

そんなこと、ずーっと気付かずにおりましたが・・・

そうしないと、ここにいる価値ない。いる資格ない。

これくらい、耐えないと・・・

 

そんなマインドだったのです。

 

新年早々、黒歴史な話題でなんですが・・・

 

もし、かつての私のように

 

イヤなことをイヤといえない。

辛いことを辛いと言えない。

怖くても怖いとも言えない。

寂しくても寂しいと言えない。

悲しいのに、悲しいと言えない。

 

そうしないと、ここにいる価値ない。いる資格ない。

これくらい、耐えないと・・・

 

って、心のどこかで思っていたり

辛い状況なのに、どうしていいかわからなくてひとりで抱えこんでいるあなたに、何か届けばいいなと思って書きました。

 

 

今日は結婚記念日でお仕事お休みとったら、夫もあとから午後有給とってくれてふたりでランチしてきました!

幸せな気持ちで結婚記念日を過ごせました。

こんな風に思える日がくるなんて。

不思議ですね。

 

ダンナさまとの修復を叶え、数年にも渡るセックスレスを解消して、今ではダンナさまとラブラブになっているクライアントさまからです。

>こんな風に思える日がくるなんて。

 

あなたにも、そう思える日がきっとやってきます。
私も、本当に、こんな風に思える日がくるなんて。って思っています。

今年は、娘が帰省できず、3人でのお正月。ラクチンおせちにしました。

もし、あなたが人生うまくいかずにに苦しんでいる。

 

恋愛・結婚・パートナーシップ

に悩んでひとりで抱えこんでいるのなら、その荷物すこし下ろしませんか?

個人セッションも募集スタートです。

また、お年玉企画としての、無料おしゃべり会もオンラインで開催します。

詳しくはこちらを見てみてくださいませ。

 

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

◆カウンセリング・イベントの最新情報はこちら

◆先月のよく読まれたベスト5記事

◆ブログの更新はTwitterFacebookでお届け フォローしてくださると嬉しいです♪

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆ブログでは書けない赤裸々トークや、ゲリラ募集はメルマガにて♡

No Comments
Previous Post
2021年1月1日
Next Post
2021年1月1日