男と女の相談室

義両親の干渉、介入と旦那のことに悩んでいます。

愛する色香女子のあなたさま、こんにちは。黒江香です。

義両親との関係、悩める方も多いのかと思います。気も使いますし、そこにはいい嫁でありたいという思いもあるかもしれないですよね。

こういうときこそ、自分軸ですよねー。お相手にに意識がとられてしまうのを、自分というあり方を整える。自分軸をしっかりもったうえで、私は夫との関係、夫の両親との関係をどうしたい?どうしていくのか。だと思います。

自分とのコミュニケーション。そして、その次に夫とのコミュニケーションをしっかりはかってみてはどうでしょうか。

そこでは、自立を手放す。ひとりで抱えこんでいる重荷を下ろす。ことが大切になってくると思います。

こんにちは、カウンセラーの黒江香です。

メンドクサイタイプのパートナーと紆余曲折ありつつ25年。馬鹿ップルアを謳歌しているラフィフ妻でもあります。

彼氏が欲しい。もっと彼氏と仲良くしたい。ダンナさまからもう一度愛されたい。オンナの悦びと幸せを感じて、最愛の男性とのより深く、もっと濃厚に♡繋がりを築きたいという女性のカウンセリングをさせていただいています。

ココロってノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしてまいります。

ココロノマルシェはこちら

 

本日のご相談はこちらです。

義両親からの干渉、介入

魚さん

義理両親と旦那の事で悩んでいます。
初孫で嬉しくて仕方ないのもあり、事あるごとに、毎週のように、毎日のように会いたがります。
私自身は、また違う1つの家庭として生活していきたくて、そんなに頻繁に会う事は気も遣うし苦痛です。

ですが、旦那が自分の親の要望に言いなりで、断る事もできない為に、最終的には私に電話が来て、会う事になったり、私からお断りしたり。
月に数回会う日々が4.5年続いています。
家が近いのもあって、心の距離だけでもを保って生活したいです。

義両親に当たり障りなく伝えた事もありますが、自分の気持ちを伝えて良いものか悩むところもあり、旦那に対しては自分の親なんだからもっとしっかり対応してくれたらいいのにと不満があります。

良い人たちでありがたい気持ちもなくはないですが、迷惑だな、自分勝手だなと思ってしまいます。

義両親は7.80歳代で高齢な為、今更変わる事はないかと諦めつつ、自分達は兄弟付き合い親戚付き合いさえ面倒くさがってるのに、なぜ嫁にとって義両親は面倒臭いという気持ちはわからないのかと憤りを感じてしまいます。

何より旦那の頼りなさ、義父の言いなり、いくら話しても私の嫌だという気持ちは理解してくれずに何も対応してくれない所に憤りを感じてしまうのです。
旦那の仕事の都合上、義両親の家の近くである環境は変えられず、他人は変えられないとすると、私はどう変わればこのもやもやから抜け出せるでしょうか?

なるべく子供の予定を入れて、義両親の事を考えずに過ごせている時は、とても幸せです。

休日、誕生日、祝日、Xmas、お盆、年末年始などなど、本来なら強制的に会わなきゃいけない関係なんてないはずなのに、イベントが目白押しの季節が来て、とても憂鬱です。助けてください。よろしくお願いします。

 

魚さん、はじめまして、黒江香と申します。この度はココロノマルシェへご相談いただきありがとうございます。

>とても憂鬱です。助けてください。よろしくお願いします。

憂鬱に感じちゃうほどだと、辛いですねー。そんなにまでも、魚さんが義のご両親のことを考えちゃうことが辛いですよねー。

>なるべく子供の予定を入れて、義両親の事を考えずに過ごせている時は、とても幸せです。

うーん、そこまで。かなり、ご両親に意識を取られてしまっていますよね・・・ものすごく他人軸になっていませんか?

それは、とーってもシンドイでしょう。ここは、抜け出したいですよねー。

 

とのことで、結婚して21年目の私が、お届けしたいと思います。私の両親・義両親ともに、80代と70代ですので、世代的に似たような価値観はあるかと思います。

とはいえ、私の場合は、夫の両親とは離れて住んでいるので、毎週のように会うことはないのですが…まして毎日は私もイヤです。同居なんてできないですし、おそらく私は田舎の嫁にはそぐわないと誰もが思ってますねー(笑) それでかなり助かっております。

そして、魚さんが書いているように、結局は心の距離の問題だと思うのですね。

 

おじいちゃん、おばあちゃんが、お孫さんに合うのが楽しみだって思うというのは、素晴らしいことだなって思うのです。ある意味、魚さんの素晴らしさではないでしょうか?

おじいちゃん、おばあちゃんが(おそらく、だけでなくだと思うのですが)会いたくて会いたくてと思うお子さんに育てているということだよねーって私は、思うんです。

私のおかげ。私すごいーって思ってみるのはいかがでしょう^^

 

とはいえ、魚さんにとっては、苦痛でたまらないということですよねー。

ご自身のお気持ちを素直に、話してみてはどうでしょう?

ご自身の気持ちを伝えていいか悩むとありますが、魚さんは、きっといいお嫁さんなんんでしょうね。

いい嫁であろうとすることを手放してみるのも一つです。

 

ただ、”自分の気持ちを伝えていいのか悩む”というような、そういう気持ちを、素直にそのまま話すといいのではないでしょうか?私はそう思うのです。

「気をどうしても使ってしまうから、月1くらいにしたいって思ててー」でもいいですし。

「気を遣って、疲れちゃうんですー」でもいいですし。

「私にも都合があるんで、すみませーん」ってサクッと言ってもいいですし。

 

ご両親がお孫さんの顔を見たいのでしたら、週末にお泊りさせてもらって預かってもらうのだってありですよねー。

その間に、ご夫婦ふたりの時間を楽しむことだってできまよね♡

私なら、それをお願いしてみるかと思います。

 

>ですが、旦那が自分の親の要望に言いなりで、断る事もできない為に、最終的には私に電話が来て、会う事になったり、私からお断りしたり。

私は、この文章にちょっと違和感を感じたんです。

仮に旦那さまがご両親の要望に言いなりなら、奥様の魚さんに電話をしてくる必要はないように思うのですが、その辺はどうしてなのでしょうか?

もしかしたら、ご両親は息子さんより、嫁の魚さんとの方が話しやすいと思っているのではないでしょうか。

私の義母は、昔は私の方が、実の息子よりも言いやすかったらしく、直でいろいろ言うて来てたんですよね。うちの場合は、母も生粋の、それも元祖!自立系武闘派女子の母なので、母は、私に「なんでかしらんけど、香さんとの方が話しやすいのよねー」なんて言うておりましたが。

それが、今では、実の母息子でいろんなやり取りをするようになっていますので、私のメンドクサイことは何ひとつなくなりました。ちょっとくらい共有しておかないとついていけない(笑)って思うほどです。

 

もしかしたら、義のご両親にとって、魚さんは悪く言えば、都合のいいところもあるのでしょうか?もしかしたら、そんな風に、魚さんは感じているのでしょうか?

そのあたりは、ご相談文からではわからないのですが、断りたいときには断ってもいいのですし、気持ちは言っていいものだと思いますよ。

 

さてさて、今回のご相談、魚さんがよりご相談したいのは、ダンナさまとのことですよね!?

>旦那に対しては自分の親なんだからもっとしっかり対応してくれたらいいのにと不満があります。

>何より旦那の頼りなさ、義父の言いなり、いくら話しても私の嫌だという気持ちは理解してくれずに何も対応してくれない所に憤りを感じてしまうのです。

 

おそらく、この記事を読んでいらっしゃる嫁の立場になったことのある方たちは少なからず、そうなのよ!!って首をブンブン振りながらお読みかと思います。

今から、もしかすると、身も蓋もないことを私は言うかもしれません。ちょっと落ち着いて聞いてくださいね(笑)

旦那さま、魚さんの期待に応えれるスキル、器量は備わっているのでしょうか?

魚さんの、望む「もっとしっかりとした対応」というのは彼にとってできることなのでしょうか。

魚さんの気持ちを察するとか、理解するとか、そういうことができる方なのでしょうか。

 

えーっと、実は、よくあることでして・・・

女性である私たちは、人の感情を感じやすかったり、人の心を察したり、理解したり、雰囲気を察知して先回りしたりができるように備わっているのです。

それは、かつて昔、男性が狩りにいく間、女性たちは横との繋がりを大切にしながら、周りと協力して子育てをしていくという風習があったからだと言われています。

一方、男性は自分よりもはるかに大きく、力のあるマンモスをしとめないといけないので、感情をイチイチ感じていては身がもちません。察する能力も女性ほどはないと言われています。

 

で、ここでです。

「仕事ではあんなに、先回りしてできるのにー!!」

「職場ではコミュニケーション上手にできるのに!?」

「お義母さんにはあんなにやさしくできるのに!?」

「親のことは大事にしてばっかりで、私のことは大切にしてくれないなんて、それって愛されてないってことですよね?」

「どうしたら、私も愛されるようになるんでしょうか?」

 

というような、言葉がだだーっとクライアントさまから出てくるのです。つい先日もそういうことがありました。

妻である自分よりも、旦那さまが自分の実家の家族を大切にしているように感じて、自分よりも仕事の方を大切にしているように感じて、彼女は悲しかったのです。

 

つい、旦那さまのそういう一面を知っていると期待してしまうものですが、男性にとってはまた別ものなのです。

そして、これは男女の差、云々の話しだけではなくて、人はそれぞれできること、得意なこと、苦手なこと、才能、なども全く違うのです。

魚さんにとっては、そうするのが普通だよねーとか、できて当然でしょ!って思うことだとしても、お相手にとってそうとは限らないのです。

 

だから、期待ではなく、はっきりとオーダーを出しましょう。

私は、トリセツをつくって、ひとつひとつ教えて差し上げましょうなんて申します。

魚さんの取り扱い説明書、マニュアルを丁寧に作成して、それを旦那さまに教えて差し上げるんです。

そうそう、背中をかいてほしくて頼んだ時に、「そこじゃない!なんでわかんないのよ!」って怒ったとしても痒いところはお相手には伝わりませんよね。「あと2センチくらい上で、指1本くらい右」と言えば、痒い所をかいてもらえる可能性は大きくなりますよね!

お相手は、ただどうしたらいいのかわからないだけ。ということもあるんです。

 

とあるクライアントさま、一歩踏み出されたら・・・

なんとこれまで、『「何にもしてくれない!」「私の気持ちは全然わかってくれない!」と思っていたのが、私があれこれ受け取り拒否をして、打ち返していたことに気づきました』とメッセがきました。

もちろん、魚さんがそうだと言っているわけではありません。ただ、もしかしたらそういう可能性もあるのです。だからこそのコミュニケーションです^^

 

トリセツを伝えようと思うと、ふたりでしっかりしたコミュニケーションをとる必要が出てきます。

そのためには、自分とのコミュニケーションをとることが、それより先に大切です。

察して欲しい、わかってほしい、だけでは、残念ながら分かり合えません。

分かってほしいと思うのなら、わかってもらえるようにコミュニケーションをはかることがやはり必要だと思いますよ。

 

>何より旦那の頼りなさ、義父の言いなり、いくら話しても私の嫌だという気持ちは理解してくれずに何も対応してくれない所に憤りを感じてしまうのです。

もし、魚さんが、「どうしてわかってくれないのよ!」という不満を持つなら、お相手も同じような不満を持っている可能性だって大いにあります。

上の1文のような思いをもって、旦那さまとコミュニケーションをとっているのなら、この憤りのエネルギーを発していますよね。

 

まずは、その憤り、怒りのエネルギーを、魚さんの外に出してあげたり、燃やしてしまうことが必要ではないでしょうか?

湧き上がる憤りや怒りを紙に書きなぐってみてはどうでしょう。言葉にならなくても、ブツブツ言いながらとか、うわーとか言いながらただぐるぐる書きなぐるだけでもいいんです。お師匠さまのいうところの「お恨み帳」です。

溜め込んできた感情のデットックスをするんです。

書いた紙は、ビリビリに破り捨てる、燃やしてしまうというのがおススメです。

怒りや憤りが溜まったまんまでは、愛は受け取れませんもの。愛のコミュニケーションも取りにくいと思いますもの。

 

>義両親は7.80歳代で高齢な為、今更変わる事はないかと諦めつつ、自分達は兄弟付き合い親戚付き合いさえ面倒くさがってるのに、なぜ嫁にとって義両親は面倒臭いという気持ちはわからないのかと憤りを感じてしまいます。

自分の気持ちをわかってほしいという、魚さんの気持ちはわからなくはありません。誰にでもあるものですもの。

ご両親にはご両親の背景や価値観があって、魚さんには魚さんの気持ちや思いがあること。どちらも大切になさってみてはどうでしょうか?

自分の気持ちは、まずは魚さんが大切にしてあげること。そして、魚さんの中の、怒りや憤りが減ると、わかってほしいという欲求も減っていくと思います。

 

感情のデットックスができたうえで、

旦那さまとのコミュニケーションをどうしたらとれるか考えてみましょう。

〇いつなら、ゆっくりふたりで話しができるのだろうか?

〇旦那さまは、どういうときだと気分がイイのだろうか?

〇どういう言い方をすると、私は、私の素直な気持ちを話せるし、旦那さまも受け入れやすいのだろうか?

〇旦那さまは、私とどんな話をしたいのだろうか?

与える意識です。

彼を愛する意識です。

 

そして、頼りないと思う旦那さまを頼りがいのある旦那さまにしたいのなら、彼に頼ることです。彼に委ねることです。

頼りないからと、ついご自身でやっているようなことがあるのなら、それをやめてみるのもアリですよ。

 

私がやらなくっちゃ!って、ひとりで抱えてきたことを、その重荷を下ろすこと。

頑張ってしてきた自立を手放すこと。

だと私は思います。

 

「そうは言っても、私がやらないでどうするのよー。旦那は頼りないし、何にもしてくれもしないのに!!」

と思うなら、一度カウンセリングをお使いになってみてはどうでしょう?

 

相手が頼りなくて、自分でなんでも抱えないとって思うこと

分かってほしい、理解して欲しいという欲求がでてくること

相手に意識がいってしまい、他人軸になってしまうこと

 

こうなるには、そうなる理由や背景があるはずです。

ご両親とのこと、育った環境、ご兄弟とのこと、おともだちとのこと、学校でのこと・・・

何かしら、ここに要因があるかと思われます。

 

ここでの痛みや感情を癒すこと、もう要らない感情を手放すこと、そのあたりのアプローチをセッションではさせていただきますので、よかったら、カウンセリングをご利用なさってみてくださいね。

▼ご夫婦のお悩みのご相談もお受けしております。

 

この度は、ココロノマルシェへご相談いただき、ありがとうございました。

魚さんのお幸せを心より応援していますね。

黒江香でしたー。

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

◆カウンセリング・イベントの最新情報はこちら

◆先月のよく読まれたベスト5記事

◆男と女の心理を学ぶ【男と女の相談室】

◆黒江香の黒歴史はこちら

◆ブログの更新はTwitterFacebookでお届け フォローしてくださると嬉しいです♪

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆ブログでは書けない赤裸々トークや、ゲリラ募集はメルマガにて♡

色香を高めてオンナをあげる! オトコマエ女子が女性性をあげて最愛の彼を虜にしちゃう姫になる カウンセラー黒江香

セックスレスも解消!あなたと彼との仲が ますます良くなる カウンセリング

自分史上最高の彼氏ができる! カウンセリング

No Comments
Previous Post
2021年1月8日
Next Post
2021年1月8日