男と女の相談室

付き合ってる彼が大好きなのに浮気をしています【ココロノマルシェ】

愛あふれるあなたさま、こんにちは~ 黒江香です。

今夜は、オンラインでの色香を高める秘密の女子会♡ この1週間、集客活動まったくできておらず、なんと今夜はマンツーマン開催ですっ。

さてさて、大好きな人と付き合っているのに(結婚しているのに)満たされないことがある。それは、自分にとってとても大切なこと、セックス。

彼(夫)への愛があるから、他で満たそうとするのだけど、そこに抱える葛藤、罪悪感。どうしていくのがあなたの幸せなのでしょうか。

セックスとセクシャリティ。エネルギーを滞らせることなく、循環させて生きる。もっと自由に生きるには、という視点でお届けいたします。

こんにちは、カウンセラーの黒江香です。

15年以上、甘え下手なオトコマエ女子の、女性のしあわせなあり方、生き方、パートナーシップなどをサポートし続けてきました。

19歳で出会ったパートナーと紆余曲折ありつつ25年超え。別居なども繰り返し、今ではバカップルを謳歌しているアラフィフ妻でもあります。

彼氏が欲しい。もっと彼氏と仲良くしたい。ダンナさまからもう一度愛されたい。オンナの悦びと幸せを感じて、最愛の男性とのより深く、もっと濃厚に♡アラフォー・アラフィフ女性の恋愛・結婚、パートナーシップを応援

自身の失敗ともいえる経験から得た「妻でも母でもひとりの女」「女は花であればいい」という思いのもと、ゆるふあで、あなたらしく。愛する人とより深い繋がりを築きたいという女性のサポートをしています。

 

ココロってノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしてまいります。

ココロノマルシェはこちら

 

本日のご相談はこちらです。

付き合ってる彼が大好きなのに浮気をしています

さきさん

私と彼は40代独身同士のカップルです、私は彼が大好きなのに最近セフレを作りました、彼があまりセッ◯スが好きじゃないと私に打ち明けてくれた事と、逆に私はそういうのが大好きな事が理由です。
(彼はセックスが苦手でハイスペイケメンなのに私に出会う16年間彼女もいなかったような男性です)

そんな彼のためにセッ◯スは捨てようと思ったくらい彼のことが好きなんですが、偶然出会った男性(既婚)との行為が今までで1番いいと思うくらい幸せを感じるものでした。
彼のことは好きだけど、本能が求める欲求を抑えることも出来ずにセフレとも続けています、そのセフレとの行為はまるで滞っていたものが流れるような心地よさも感じます。

よく心理学系の記事では“心に嘘はつかない方がいい”とあるかと思えば“パートナーシップの幸せは2人の幸せを求めるもの”ともあります、それで言ったら私のやってることは彼にとっては幸せではないと思います。

いつか私は彼と幸せなセッ◯スをしたいと思っていながら彼には無理をさせずにセフレと関係を持っているですが、アドバイスを頂けたら助かります。

 

さきさん、はじめまして。黒江香と申します。

さきさんは、とっても愛情深い女性で、情熱的な女性なのでしょうねぇ。

 

で、ハイスぺイケメンな男性の彼女さんということは、ものすごくハイスぺないい女なのでしょうねぇ。

大好きな彼氏のために、大好きなセックスを捨てようとさえ思えるなんて、とっても情熱的な愛に生きる女。

 

そんなさきさんが、

>偶然出会った男性(既婚)との行為が今までで1番いいと思うくらい幸せを感じるものでした。
彼のことは好きだけど、本能が求める欲求を抑えることも出来ずにセフレとも続けています、そのセフレとの行為はまるで滞っていたものが流れるような心地よさも感じます。

 

何が問題なのでしょうか。

さきさんは、その男性とのセックスに幸せを感じているのですよね!?

本能の欲求が満たされているのですよね?

その男性とのセックスで、滞っていたものが流れる心地よさも感じるのですよね?

 

社会的にとか、倫理観的にとかはちょっと横に置いておいての話しになるのですが、さきさんが、問題だと思っていることって、どんなことなのでしょうか。

 

他の男性とセックスをしている私は、大好きな彼にとっては幸せではないと思うから?

いつか私は彼と幸せなセッ◯スをしたいと思っていながら彼には無理をさせずにセフレと関係を持っている私は、彼とのセックスを手にできずに幸せではないから?

 

「セックス」ということだけを言うならば、彼がセックスが好きじゃないとしても、さきさんがセックスが好きで、この彼と幸せなセックスをしたいと思うことは、思って当然だと、私は思うんです。

 

そして、これまでもなさって来たのかもしれませんが、彼に「あなたとセックスがしたい」「あなたとのセックスは私にとって、とっても大切なものなの」「あなたとのセックスで満たされたい」「あなたとふたりの幸せを感じるセックスがしたい」ということを抑えずに思っても、伝えてもいいのではと思うのです。

 

彼を苦しめてしまう、彼の負担になってしまうと思ってしまいますか?

 

私の話になってしまい申し訳ないのですが、少しだけ私のことを書かせて下さいね。

私は、「セックスなんかしたくない」「セックスは好きじゃない」「そんなにしたけりゃ外でしてこい」という夫に対して、夫とセックスしたいと思うことをとてもイケナイことだと思い、彼を苦しめる酷いことだと思い、なんとか封印しないとって思っていました。私の場合は、外で満たすことすらできずでした。

で、某スーパーカウンセラー(笑)の師匠に、「罪悪感持ちすぎや」、「背負いすぎや」、「ある意味傲慢や」、「罪悪感を癒せ」「罪悪感ゆえに幸せを選べず苦しんでいる女性たちに向けてのセミナー考えてね」などと、エグイことばかりを投げかられ、今に至るのです。未だに癒されきることはなく、向き合い続けている感じです。

 

で、何が言いたいかというと、さきさんにも、同じようなところがないでしょうか。ということなんです。

ひとりで背負いすぎる癖、罪悪感が強くて幸せを選べないようなところはないでしょうか。自己完結しようとする癖はないですか。

 

彼に無理させたくないと思っていますが、それは彼が望んでのことですか?

それは、さきさんが、ただそう思っているだけかもしれません。それこそ、ひとりで背負いすぎているのかもしれません。

 

とはいえ、彼に無理させたくない、苦しませたくないという思いから、セフレを作るということに至っていると思うのですが、今はそうするしかなかったんだと思うのです。そうすることで、何とかさきさんの心のバランスを保てているのかもしれませんよね。

 

>私のやってることは彼にとっては幸せではないと思います。

だから、ここは、今はいったん横に置きませんか。

大好きな彼との、幸せなセックスが得られないことは、さきさんにとって幸せじゃないことですよね?なら、今は、さきさんが少しでも幸せを感じられることを自分に与えることを許してあげてもいいのではないでしょうか。

私はそんな風に思います。今は、それでいいんだと。

 

 

そして、話しを少し広げるならば、さきさん、ご自身の魂が震えるほどのと言うとちょっと大げさですが・・・ 自分のエネルギーを投じて、夢中になってしまうようなことってお持ちですか?

 

 

あー、このために私は生きている

これが、私の天命だわ

私は自分を生きている

 

 

そんな感じかもしれません。

ライフワークを生きるということをどう思いますか?

 

セックスって、セクシャルエネルギーの交流。

肉体の交わりであるけれど、それはエネルギーの交流だと私は思うんです。

 

男と女のエネルギーが交わり、陰と陽のエネルギーが互いのカラダを駆け巡り、そして統合して上に抜けていく。

非常に抽象的な表現になって、ゴメンナサイ。

 

 

セクシャルエネルギーって、生命力とも言います。

自分らしさ、自分の本当の魅力という表現もします。

 

セックスって、命のバトンをつなぐものにもなる。

セックスって、ホントの自分をさらけ出す行為。

でもありますね。

 

 

さきさんは、何となくそのエネルギーの循環がうまくいっていないような感じをお持ちなのかと感じたんですね。

自分のセクシャルエネルギーを持て余しているような、閉塞感を感じているような、使いきれずに滞っているような感覚ってないでしょうか?

 

そこと向き合ってみてもいいのではないでしょうか?

セクシャリティと向き合う。ライフワークを生きるということに向き合う。

 

〇自分が夢中になってしまうことは、どんなことでしょうか。

〇ライフワークを生きているとしたら、どんな人生を生きていると思いますか。

〇セクシャリティをひらいて生きているとしたら、どんな人生を生きているでしょうか。

〇もし、セクシャリティをひらいて生きることを、止めているとしたら、どうしてだと思いますか。

 

もちろん、セックスに直接かかわることも掘り下げてみるのもおススメ。そこから、さきさんにとってのライフワークに繋がる何かが見つかるかもしれません。

〇どんなセックスをしたいのですか。

〇どんなセックスをしていると、幸せを感じられるのでしょう。

〇どんな風に、男性を喜ばせてあげますか。

〇セックスに求めているのはどんなことですか。

 

このあたりのことを、ちょっと振り返ってみてはどうでしょうか。

何か光となるものが見えてくるかもしれません。滞りを作っているキッカケが見えてくるかもしれません。

 

ひとりで抱えちゃう、背負い癖があるのなら、カウンセリングを使ってみるのを、ぜひおススメいたします。

もしかしたら、ひとりでなさるにはエグイと感じるものもでてくるかもしれません。

そんなときは、どうぞ、ひとりで抱えず、カウンセリングをお使いくださいませね^^

 

 

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

◆カウンセリングが気になったいるあなたは、まずこの記事を!

◆カウンセリング・イベントの最新情報はこちら

◆先月のよく読まれたベスト5記事

◆男と女の心理を学ぶ【男と女の相談室

◆黒江香の黒歴史はこちら

◆ブログの更新はTwitterFacebookでお届け フォローしてくださると嬉しいです♪

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆ブログでは書けない赤裸々トークや、ゲリラ募集はメルマガにて♡

色香を高めてオンナをあげる! オトコマエ女子が女性性をあげて最愛の彼を虜にしちゃう姫になる カウンセラー黒江香

夫婦・カップル セックスレスも解消!あなたと彼との仲が ますます良くなる カウンセリング

結婚したい願いも叶う 自分史上最高の彼氏ができる! カウンセリング

No Comments
Previous Post
2021年2月17日
Next Post
2021年2月17日