オンライン相談室

母子関係 自由という名の放任で育った私が、母性を育てるにはどうしたらいいのでしょう?

愛あふれるあなたさま、こんにちは~ 黒江香です。今日は雨模様の大阪です。

母性とは何ですか?そして、どうしたら身に付きますか?というご質問。

ずーっと「母性が足りない」と感じてきたワタクシ。今、思うことを綴ってまいりたいと思います。

こんにちは、カウンセラー・セラピストの黒江香です。15年以上、女性のしあわせなあり方、生き方、パートナーシップなどをサポートしてきました。

あなたの女性性やセクシャリティをひらいて、本来のあなたの魅力をそのままに、愛させ上手な女性と導きます♡

 

ココロってノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしてまいります。

ココロノマルシェはこちら

 

本日のご相談はこちらです。

母性とはなんですか?身に付ける方法は?

なつさん

はじめまして。
カウンセリングやセミナーなどで自分を見つめ直している最中です。

カウンセラーさんに「あなたには母性が見えない」とか「母性が今年のテーマね」と言われました。それぞれ別の方です。また友人などに、「冷たいね」と言われたことも何度かあります。

否定しないとか共感するなどを心がけているのですが、なかなかすぐには変われないようで挫けてきます。

母性とは何でしょうか?そして身に付けるにはどうしたら良いでしょうか?

私の母親はおそらく発達障害気味で、自由という名の放任で育ってきました。
それが影響しているのは分かっていますが、今更…と思う気持ちが強くて自分のことをかわいそうな子だと感じてしまいます。

 

なつさん、はじめまして。黒江香と申します。

なつさんのご相談を読ませていただいて、お返事を書きたくなりましたので、少しお付き合いくださいませね。

 

なつさん、ご自身と向き合い、見つめ直している最中なのですね。

>カウンセラーさんに「あなたには母性が見えない」とか「母性が今年のテーマね」と言われました。それぞれ別の方です。また友人などに、「冷たいね」と言われたことも何度かあります。

 

そのカウンセラーさんや方や、お友達がなぜこのようにおっしゃったのか、なつさんの文章からはその経緯なども全くわかりません。それでですね、受け入れようとする必要はないと思うんですね。お相手の言うことがすべてではないということです。

 

心理学でいうところの【投影】という考え方があります。

投影とは、私たちは、自分の中にあるものを、他者に映し出してみている。というものです。

 

とってもシンプルな投影のお話しをしますね。

そうそう、今なつさんの目の前に、鏡があると思ってみてください。

なつさんが、にっこり笑えば、鏡に映るなつさんもにっこり笑います。

なつさんが、ムスッとすれば、鏡に映るなつさんもムスッとします。

 

シンプルでしょ(笑) そう考えてみれば、必ずしも「あなたには母性が見えない」とか「母性が今年のテーマね」「冷たいね」が必ずしもなつさんの真実とは限らないのです。

こういう考え方もあるよーってことです。

ですので、今、私がお届けしていることもそれがすべてではありません。ひとつの解釈、ひとつの可能性だと思って読んでもらえればと思います。

 

何を言われたか。というよりも、なつさんがどう感じたか。どう思ったのか。どんな感情が湧き上がったのか。ここが大切になると思います。

 

なつさんの心が「母性」に引っかかっているのですよね?

>否定しないとか共感するなどを心がけているのですが、なかなかすぐには変われないようで挫けてきます。

こちらは、「お相手のことを否定しない、共感するように心がけている」という意味でお書きでしょうか?私はそのように受け取れましたので、そのていで続けますね。もし違っていたら、ごめんなさい。

 

なつさん、なつさん自身のことを否定したり、ダメ出ししたりになっていませんか!?

自分の今、これまで、否定し続けていませんか?

 

>私の母親はおそらく発達障害気味で、自由という名の放任で育ってきました。
>それが影響しているのは分かっていますが、今更…と思う気持ちが強くて自分のことをかわいそうな子だと感じてしまいます。

かわいそうな子だと感じてしまうのですね。

「かわいそうな子」だって、感じてきた出来事、そこで感じてきた感情、抑え込んできた気持ちなどは解放していきたいところだですよねー。

 

 

もちろん、私たちは環境やお母さん・お父さんとの関係から大きく影響は受けます。ですので、カウンセリングでは、親子関係や育った環境のお話しって、ほぼお伺いいたします。

それは、「だから私はダメなんだ」って、否定し続けるためではなくて、自分を許し、相手を許し、自分の幸せを許可していくためにです。

 

―――

辛いことがあったけど、そのおかげで自分の持って生まれた才能に気づけたよね。

だからこそ気づけた恩恵だって、たくさんあったよね。

そう思ったら、「もういいか」って過去を過去として、今を生きることができる。

―――

って、理想ときれいごとはね(笑)

 

 

そんなプロセスを、何度も何度もしていくのです。そう、何度もだと私は思います。なかなか一筋縄ではいかないことだってあるんだもの。

挫けそうになることなんて、よくあるシーンです。「私にはどうせできない」「これだけやってきても、またしんどくなってる」「なんも変わってない(T_T)」って。

実はそのよなお声、ここ最近何人ものクライアントさまから届いております。

 

そこをどう乗りこなしていくのが、大切だよねーって思っています。

 

私がクライアントさまたちを見ていて、感じるのは、感情にフタをしているままでは、あるときとても苦しくなる方が多いというもの。

解放できない感情が残ったままでは、心が苦しいもの。

幼少期から、いわゆる「こども」ができずに、甘えたり、感情のままに生きることをどこかで諦めてきた人たちっているのです。

 

なつさんも、そうではないでしょうか?

そんなときは、まずは、お恨み事でも、憎しみでも、ワガママだろうと、甘えたことでも、感じることを紙に書きなぐったり、ぬいぐるみやクッション抱いて言いまくってもいいのです。

溜め込んできたもの、抱え込んできたものを、自分の外に吐き出すんです。

 

例えば・・・

>私の母親はおそらく発達障害気味で、自由という名の放任で育ってきました。
>それが影響しているのは分かっていますが、今更…と思う気持ちが強くて自分のことをかわいそうな子だと感じてしまいます。

 

「お前のせいで、母性がわからんのよー!」

「お母さんのせいで、私、かわいそうな子やんか!!どうしてくれんねん!!」

「母親として、お前なんか最低や!」

「発達障害なんてない母親のもとに生まれたかったのに!!」

「もっと、愛情注いで育てて欲しかったのよ!!」

「冷たいって言われても、どうしていいのかわからんのよ!」

「母性なんか知らんのに、母性がテーマだって言われても、どうせい言うのよ!!」

「お前のせいやねん!!」

 

まずはこんなところから、どうでしょう。

まだ、お上品かしら(笑) もっと罵倒しまくりでも構いません。

 

なんなんら、カウンセリングで、私と一緒に罵倒大会でもしましょうか(笑)

もう、飽きたわ。ってなるくらいまで、まずはやってみませんか。

 

そのうえで、俯瞰してみるということをしていくといいと思います。

恩恵や才能・魅力というものへ目を向けていきましょう。ここを見出すお手伝いならどうぞワタクシにご用命くださいませ♡

 

自由という放任で育ったからこそ、私が得られてたものは? 育てた才能は? 活かしてきたことは?

そういう観点で、自分の人生を見つめ直してみるんです。

すると、自分のこれまで、環境、親とのことへの【愛】を見出せます。「ありがとう」という思いも湧き上がってくる日も来ると思います。

 

かわいそうという思いを、愛しさへと変えるのです。

なつさんご自身のためにです!

 

さてさて、母性とは何ぞや!? ですね。

私が、思うのは、『優しさ 育む気持ち 育てる 受けれる器 そのままでOKできる受容力 あたたかさ 包み込むような大きな愛 ダメなところもそーっと許す 弱さを受け入れる』といったところです。

女性性ですね。

 

女性性・母性を育てるために

育てると書きましたが、実のところ、「ある」ことを思い出すに近いようにも思っています。

 

ペットと触れ合う

赤ちゃん、小さな子と触れ合う

植物を育てる

生花を飾って、世話をする

 

お花を生けると、お水を取り替えてあげる必要ありますよね? 植物を育てると、枯れ葉を除いたり、お水をあげたりしますよね^^

様子を観察して、必要なことをしてあげる。育てる意識を持つ。

このあたりは、母性を育むのに役立ってくれると思います。

 

このあたりをなさってみてはどうでしょう? 少しでも興味の湧くものありますでしょうか。

 

私は、10日から週に1回程度、お花屋さんに行って、気に入ったものを買ってくるのが楽しみなのですが…

定期的に、お花が届くというのもありますよ♪

 

実際に触れ合うことができれば、それがおススメですが、まずは動画でも♪ ペット動画で私のお気に入りをここにご紹介しますね。

 

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

主なご相談は、セックスレス解消・別居や離婚危機・夫婦仲修復したいといった夫婦問題や、恋愛がうまくいかない・彼氏ができない・恋愛未経験など恋愛・パートナーシップ問題です。

親子関係・仕事の問題。子育て問題などもお伺いしています。

「どん底だった私に、光が見えました!」「去年の自分に、今頃はとーっても幸せだよって教えてあげたいです。」「ここまで修復できるとは自分でも驚きです(≧∀≦)」「もう女として見れないといわれていたのに、レスが解消しました。」

「いきなりですが、彼と付き合うことになりました!!」「実は、この前話してた彼とお付き合いすることになりました!」「彼とは、なんだかんだで、香さんのおかげで続いております~」「次は一緒に生きるパートナーに出会える日を楽しみにしているところです。」のような喜びのお声がいっぱいで、嬉しいです。

19歳で出会ったパートナーと紆余曲折ありつつ25年のバカップルを謳歌しているアラフィフ妻でもあります。

 

◆カウンセリングが気になったいるあなたは、まずこの記事を!

◆カウンセリング・イベントの最新情報はこちら

◆先月のよく読まれたベスト5記事

◆男と女の心理を学ぶ【男と女の相談室

◆黒江香の黒歴史はこちら

◆ブログの更新はTwitterFacebookでお届け フォローしてくださると嬉しいです♪

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆ブログでは書けない赤裸々トークや、ゲリラ募集はメルマガにて♡

No Comments
Previous Post
2021年3月12日
Next Post
2021年3月12日