オンライン相談室

心理的には、嫁にいけてない!?のかもしれません。

愛あふれるあなたさま、こんにちは~ 今朝は、夕飯の一品をすでに仕込んだので、ちょっと気分がラクチンです(笑) 私の元気のバロメータとして、サクッと料理が作れるというのがあるんですよねー^^;

あなたの元気のバロメータってどんなものですか? 反対に、元気じゃないとき、本調子じゃないときのバロメータを知っているだけでも、軸を自分に戻すキカッケになすのではないでしょうか。

さて、本日はココロノマルシェへお寄せいただいたご相談にお答えいたします。母親との関係についてです。

あなたとお母さんのとの物理的距離、心理的距離は、いかがでしょうか? 適度な距離であることって、良好なパートナーシップを築くときにもとっても大切です!

こんにちは、カウンセラー・セラピストの黒江香です。15年以上、女性のしあわせなあり方、生き方、パートナーシップなどをサポートしてきました。

あなたの女性性やセクシャリティをひらいて、本来のあなたの魅力をそのままに、愛させ上手な女性と導きます♡

ココロってノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしてまいります。

ココロノマルシェはこちら

 

本日のご相談はこちらです。

 

悩みがあると何でも母に話してしまう。

ねこねこさん

私は47歳で結婚して4年目です。
子供はいません。
こんな歳ですが旦那や仕事のこと、何でも悩みがあると母に話してしまいます。
これは良くない、普通ではないとわかっていますが話さないと辛くて我慢できないのです。

父は(亡くなっています)私が幼い頃から酒やギャンブルをし多額の借金をし、母を泣かせていました。
母はそんな父とのことを悩みながら子育てしていた様です。

私は幼稚園のころから大人になるまでずっといじめられていました。
学校でも勉強、運動、何かも他の子と同じようにできなくて意見も言えず黙り込んでいたようです。
今はぼんやりとした記憶ですが親、親戚、先生、周りの子にダメな子、変な子、出来の悪い子と思われて育っていったと思います。

中学でひどいいじめに遭い、そこから今に至るまで何でも母に愚痴をいう様になりました。

反抗期もなく、30歳の時にうつ病になり、そこでやっと感情の爆発をする事ができ自分の意見が言える様になりました。
それまでは親にも嫌なことを言えませんでした。

今、悩んでいることは悩みがあると何でも母に話してしまうことです。
やめたくてもやめられません。

旦那にもわかってほしい。
母にもわかってほしい。と強く思い過ぎて苦しいです。そんな思いを手放したくてもできません。

母との関係に問題があるのか、どうしたら改善されるのかわかりません。
自分のことが嫌いという思いがあるのかどうかもわかりません。

アドバイスよろしくお願いします。

 

 

ねこねこさん、はじめまして。黒江香と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 

>こんな歳ですが旦那や仕事のこと、何でも悩みがあると母に話してしまいます。
>これは良くない、普通ではないとわかっていますが話さないと辛くて我慢できないのです。

 

さてさて、まずは、ねこねこさんが、ここに問題意識をお持ちになったことが、まずは素晴らしいなと、私は思っているのですね。

というのは、パートナーシップがうまくいかない、旦那さまとの関係が悪くなってというご相談でお話しをお聞きしてみると、実のお母さんとの心理的距離が近すぎる!というのがひとつの要因としてある場合が少なからずあるからなのですね。

 

心理的にパートナーのポジションに、母親を置いていて、旦那さまが入るスキがないというものです。そんなこと!?って思うかもしれませんが、けっこうあるのです。

戸籍上は嫁に行っているものの、こころは嫁にいけてないという感じ。

こういう場合、実家の近くに住んでいたり、実家との行き来が頻繁だったり、何かを決めるときなど旦那よりも実家の意見を採用!ということも多いんです。

 

 

ねこねこさんの場合も、何でも悩みがあるとお母さんに話してしまうこと、わかって欲しいという思いが強いということで、心理的距離が近いように思います。

そして、私たちは、親との関係で十分に得られなかったと思うものを、パートナーにもらおうと思うものなのですね。

 

ねこねこさんの、旦那さまとの関係がどのような状態かはわかりませんが、

>旦那にもわかってほしい。
>母にもわかってほしい。と強く思い過ぎて苦しいです。そんな思いを手放したくてもできません。

と気づけたことが、まずは一歩前進ですよね。

自分の気持ちを、こうして掬いあげてあげることができたのですもの。

 

 

ここから見えてくることは、ねこねこさんの中に、私のことをわかって欲しいという欲求が、たんまりとあるということですよね。

 

「私は、わかってもらえない」

「私は、認めてのもらえない」

「私は、大事にしてもらえない」

「私は、愛される価値がない」

 

このような思い込みが隠れているのかもしれません。これらをご覧になって、今、どのように感じていらっしゃるでしょうか?

カウンセリングでは、これらの思い込みを、外して書き換えていくということをしていくんですね。

 

これらの思い込みを持つキッカケになった出来事を棚卸ししたり、そこで抑え込んできた感情の解放を、あの手この手でてやっていきます。

 

 

ねこねこさんとのセッションなら…

〇お母さんとの関係、お父さんとの関係においての、ねこねこさんの、感情を解放していきます。

 

>父は(亡くなっています)私が幼い頃から酒やギャンブルをし多額の借金をし、母を泣かせていました。
>母はそんな父とのことを悩みながら子育てしていた様です。

 

 

まずは、当時のねこねこさんに戻ったつもりで、このときお母さんに感じていたこと、本当は言いたかったことなどを吐き出していくんです。

当時のというのがポイントです。

今の「わかって欲しい」は、小さいときにため込んできた感情だと考えるからなのですね。だから、当時の感情を解放してあげることで、必要以上に「わかって欲しい」と感じなくなっていきます。

 

 

当時のこの状況で、ねこねこさんは、お母さんのことを可哀そうだって思ったのかもしれませんし、だから、自分が頑張って助けなくっちゃって思ったかもしれませんよね。

 

 

でも、当時の小さなねこねこさんにしてみたら、お母さんに甘えたくても我慢して甘えられずに寂しい思いをしていたかもしれません。そんな寂しい思いや、悲しみ、怒りなどを、外にだしてあげるんですね。

 

 

セッションでは、イメージの世界でそれらをやるということをいたします。イメージセラピーという誘導瞑想を用います。すると、なかなか出しにくかった感情も、出しやすくなるんですね。

 

うつ病をきっかけに、嫌なことは言えるようになられたんですね。怒りも出せるようになったのでしょうか。かつてと比べれば、ずいぶん楽になられましたか?

 

 

怒りの下には、悲しみや寂しさなどの感情が隠れています。

このあたりを感じて、解放してあげることをしていくと、いいのではって思います。

 

 

〇いじめに遭ってきた当時の自分を癒す

>学校でも勉強、運動、何かも他の子と同じようにできなくて意見も言えず黙り込んでいたようです。
>今はぼんやりとした記憶ですが親、親戚、先生、周りの子にダメな子、変な子、出来の悪い子と思われて育っていったと思います。

 

 

お辛い経験を、なさったのですね。

他の子と同じようにできないって、決してダメなことではないのに、私たちの世代ではとくに、それはダメなこととされるようなところがありましたよね。

私には、人と違うことでの痛みがありました。もしよかったら後ほど、こちらの記事に書いてますので読んでみてください。

 

ねこねこさん自身の中にも、親、親戚、先生、周りの子にダメな子、変な子、出来の悪い子と思われて育っていった経験から、自分は他の子と同じようにできない自分は、ダメな子、変な子、出来の悪い子という価値観ができていたかもしれません。

 

ここは、ぜひ、じっくり取り組んで、解放していきたいと思うところです。

 

 

>中学でひどいいじめに遭い、そこから今に至るまで何でも母に愚痴をいう様になりました。

もしかしたら、このいじめの一件で、お母さんとの心理的距離を近くするキッカケもあるのかもしれません。

その謎をとき、もう要らないと、ねこねこさんが思えれば、サクッと手放せるように思います!

 

 

セッションでは、このような流れを意識してお話しをお伺いしてみたいと思います。

ご自分で、今、取り組めることは、「わかって欲しい」と思うことを、まずは、紙に書き出してみる!ということをなさってみてはどうでしょうか?

 

ぬいぐるみでも、クッションでもいいので、誰かに聞いてもらっているていで、やってみるものいいかもしれません。

 

 

旦那さまとの良好な関係を保つためにも、1度カウンセリングをお受けになってみてはいかがでしょうか?ぜひ、お手伝いさせていただければと思います。

 

母親との関係について書いた記事をこちらに貼りますね。ねこねこさんにも、何か気づきやヒントとなるものがあればと思います。

 

 

ねこねこさん、この度はご相談いただきまして、ありがとうございました。

苦しい思いは、手放して、ラクに幸せになってくださいね^^

黒江香でした。

 

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

 

主なご相談は、セックスレス解消・別居や離婚危機・夫婦仲修復したいといった夫婦問題や、恋愛がうまくいかない・彼氏ができない・恋愛未経験など恋愛・パートナーシップ問題です。

「どん底だった私に、光が見えました!」「去年の自分に、今頃はとーっても幸せだよって教えてあげたいです。」「ここまで修復できるとは自分でも驚きです(≧∀≦)」「もう女として見れないといわれていたのに、レスが解消しました。」

「いきなりですが、彼と付き合うことになりました!!」「実は、この前話してた彼とお付き合いすることになりました!」「彼とは、なんだかんだで、香さんのおかげで続いております~」「次は一緒に生きるパートナーに出会える日を楽しみにしているところです。」のような喜びのお声がいっぱいで、嬉しいです。

19歳で出会ったパートナーと紆余曲折ありつつ25年のバカップルを謳歌しているアラフィフ妻でもあります。

 

◆カウンセリングが気になったいるあなたは、まずこの記事を!

◆カウンセリング・イベントの最新情報はこちら

◆先月のよく読まれたベスト5記事

◆男と女の心理を学ぶ【男と女の相談室

◆黒江香の黒歴史はこちら

◆ブログの更新はTwitterFacebookでお届け フォローしてくださると嬉しいです♪

◆YouTubeチャンネルはこちら

◆ブログでは書けない赤裸々トークや、ゲリラ募集はメルマガにて♡

色香を高めてオンナをあげる! オトコマエ女子が女性性をあげて最愛の彼を虜にしちゃう

大切にされない関係を卒業して、自分史上最高のパートナーシップを叶える! カウンセリング

No Comments
Previous Post
2021年4月15日
Next Post
2021年4月15日