オンライン相談室

夫からの離婚宣告 ふたりは互いの【〇〇感】で苦しんでいる

愛あふれるあなたさま、こんにちは~ 黒江香です。暑さもあって、4時半ごろに目が覚めたワタクシです。

昨夜は、両親の家に家族で行き、みんなで夕飯をたべました。老老介護な我が両親。娘と息子にお菓子とお小遣いを用意していましたの。

前はこういうのって受け取りにくかったの。お金だって、いっぱいかかるんだから、ムリしてしなくてもいいのにって。でもね、してあげることで嬉しいんですよね。

19歳で出会った夫と紆余曲折ありつつ、25年越え

結婚20年経っても、「お前しかいない!」と言われ続けちゃう!愛され妻の極意

15年以上、延べ3000人以上の”幸せになりたい”という女性の願いをサポートしてきた

心理カウンセラーの黒江香です。

 

さて、本日は先日の記事の続きです。

 

私たちは誰もが、「愛されたい」と思っていて、同時に「愛したい」と思っている生き物だって私は思います。

そして、あなたが、愛されたいと願い、愛されるためにしている努力

 

これが残念ながら、男性に”愛させない努力”になってしまうことがあるんです。

愛させない努力は、かつてあなたが愛されてきた成功体験から、自分で生み出したもの。

 

本日は、旦那さまとの関係、男性心理を交えつつお届けいたします。

ふたりは互いの【罪悪感】で苦しんでいるのではないでしょうか?

あなたの罪悪感を癒し、幸せになることを自分にゆるす。そんなアプローチをお届けいたします。

 

すると、”愛させない努力”を手放し、彼に愛させてあげることができるようになりますよ。

ココロってノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしてまいります。

ココロノマルシェはこちら

 

本日のご相談はこちらです。

夫婦関係改善のために私ができることは?

ゆまさん

こんにちは。初めまして。
根本先生のブログを読みつくす勢いで、今度はこちらもむさぼるように読んでおります。笑
心はふっと柔らかくなるような、素敵な記事をいつもありがとうございます。

結婚3年目、共働き、子なし、彼が上の10歳差夫婦です。

半年前、主人に「もう好きだと思えなくて、あなたの行動にイライラしてしまい、
一緒に居るのが辛い。離婚するのがお互いのためだ。」と訴えられました。

確かに、週末デートに誘われなくなったり(朝一人で出かけ、夜に帰ってくる)
デートに行っても機嫌が悪そうに黙り込んでしまうこともあったなぁと思うのですが、

わたしも自由な彼が好きで、縛りたくないと思っていたので、
寂しさは飲み込んで、趣味の団体に入ったり、一人で過ごすことを楽しもうと努めており
丸く収まっていると思っていました。まさかそんなに辛い思いを抱えていたとは。

ほかに好きな女の人がいるわけではないし、
毎日家には帰ってきます。楽しいと思う瞬間もあるようです。
でも、このまま一生過ごすことは考えられないようです。

また、去年「そろそろ子供が欲しい」と伝えたこともあり
彼は、このままだと子供も愛せないんじゃないか、
妻が妊娠が難しい年齢になる前に離婚したほうがいいんじゃないか、とも悩んでいるようです。

わたしは、今のところ彼と一緒にいたいし、彼には一緒に居て楽しいと思ってほしいし、
彼の子供を生んで楽しい家庭を築きたいです。

ここ半年話し合って、夫婦カウンセリングにも数回行ってみましたが、状況は変わりません。
彼も、たまにふさぎ込むように落ち込んでいる日があり、変わりたいのに変わらない自分も辛い、と言っていました。
とても辛そうで、こちらも悲しくなります。

人のことは変えられない、変えられるのは自分だけ。ということで、半年、いろいろ自分を変えようと頑張ってきました。
資格をとり、進級し、新しい趣味を作り、副業も始めました。
美容やファッションはもとから割と好きですが、クレジットカードの請求が自転車操業になるくらい自分にお金を使ってみました。
自己肯定感本を読んで好きなものと嫌いなものを100ずつ、自分の魅力を100、親への感謝100、手放し本など色々やってみました。

でも、気持ちも現状も変わらないんです。
次は何をすればいいんだろう、と焦りのような気持ちも沸いています。
好きなものを100個あげる、なども正直あまり楽しんではできませんでした。

ちなみに、いわゆる平和な普通の家庭で、親には大事にされて育ったと思います。
でも、褒められた記憶はないです。
(98点のテストでは2点を責められ、60点の友人のことは「あの子は優しくてかわいい」って褒めてたのになぁ…と思ったり)
(何かで評価されたとき「次はこういうことにチャレンジしてみてほしい!」と言われまずは認めてほしいなぁ、とモヤモヤしたり)
不器用さゆえとは理解しているつもりですが、「自分はいつも何か足りない存在」という思いは常にあります。

また、大学で実家を出るまで、母親の好きなもの、喜ぶもの、嫌な顔をしないものは思い浮かぶのに
自分のそういったものは一切わからない状態でした。それはこの10年でだいぶ改善したと思います。

もっと難しい状況の方々のいる中で、だいぶ恵まれている環境だとは思うのですが、
涙が止まらなくなったり、息が苦しくなったり。頑張っているのにうまくいかないのが切ないです。
最近は友人の結婚出産報告に、羨ましさや怒りを超えて悲しくなってしまいます。

どうしたら自分を認めることができ、、ひいては彼との関係を改善させることができるでしょうか。

 

前回は、足りないものを埋めるかのように常に頑張り続けてきたこと。

そして、それは母との関係が大いに関係をしていること。

をお届けいたしました。

 

そして、まずは、ゆまさんの中に、たんまり溜まっているお母さんへの思い、言いたかったこと、わかって欲しかったことなどを、吐き出しましょうというご提案をさせていただきました。

完璧にやろうとしなくて大丈夫です。言葉にならなければ、ただ「うわー!!!!」って、言いながらぐるぐる紙に書きなぐるだけでもいいのです^^

 

そして本日は、旦那さまとのことを見ていきましょう。

さて、何からお話ししていきましょう。

ゆまさんに、質問です。

 

旦那さまに、自分の気持ちって言えますか?本音って言えていますか?

遠慮したり、彼のことばかりを気にして、自分の気持ちは飲み込み、我慢してばかりではないでしょうか。

そして、ムリをしたり、頑張ることで何とかしようとしてはいませんか?

 

それが、彼のためであり、良かれと思って。

 

>寂しさは飲み込んで、趣味の団体に入ったり、一人で過ごすことを楽しもうと努めており丸く収まっていると思っていました

まさに、こちらなんて、そうですよね。

 

先日、本日と冒頭でかいているこちら。

>私たちは誰もが、「愛されたい」と思っていて、同時に「愛したい」と思っている生き物だって私は思います。

>そして、あなたが、愛されたいと願い、愛されるためにしている努力

 

>これが残念ながら、男性に”愛させない努力”になってしまうことがあるんです。

 

おそらく、「へ!?」「何ですと!?」って思うところかと思います。

本来なら、セッションで旦那さまのことも詳しくお伺いして、ご性格とかも知りたいところですが、本日は一般的な男性心理も交えてお話しいたしますね。

 

ゆまさんが書いてくださっているこちらを例にして。

>寂しさは飲み込んで、趣味の団体に入ったり、一人で過ごすことを楽しもうと努めており丸く収まっていると思っていました

 

このあなたなの姿に、彼は、「あー、別に僕がいなくてもいいんだー」「僕がいなくても、ゆまは寂しくもないし、なんなら一人の方が好きなことも楽しめるし、いいのかもしれない」って、感じて、ゆまさんから距離をとろうとなさるかもしれないってことなのです。

 

自分なんていない方がいいかもしれない。

自分なんて迷惑な存在なのかもしれない。

 

だったら、もう離れるしかないのかな・・・

 

>もう好きだと思えなくて、あなたの行動にイライラしてしまい、一緒に居るのが辛い。離婚するのがお互いのためだ。」と訴えられました。

そしてここに繋がるのです。

 

かなり【罪悪感】を感じているのです。

 

ちょっと翻訳します。

—–

僕は好きなのに、全然ゆまちゃんは僕を必要としてくれないやん。もう僕のことどうでもいいのかなー

一緒にいても、ゆまちゃんは楽しそうじゃないし、幸せそうじゃない。

そんなに、俺って役立たずなんだろうか。

 

大切なゆまちゃんひとり、幸せにできない、ダメな男なのだろうか・・・

だったら、もう離婚しかないのかもな。

—–

というように言えるかと思います。

 

旦那さま、ものすごく、あなたへの愛が深いのではないでしょうか?

だけど、その愛を、あなたに受け取ってもらえていない。

自分の愛じゃ、足りない。役に立てない。って悩んでいらっしゃるのではないでしょうか?

 

だから、一緒にいるのが辛く苦しいのです。

自分のせいで、幸せじゃない妻を見ているのが、男としてたまらなく辛いんです。

【罪悪感】を感じてたまらなくなるのです。

 

それがこの行動に出ているんだと思います。

>週末デートに誘われなくなったり(朝一人で出かけ、夜に帰ってくる)

 

人は「愛されたい」と思うと同時に、「愛したい」と願います。

さらに言うと、実は、愛することができないことほど辛いことはないのです。

 

愛されないことより、自分の愛を止めないといけないことの方が何倍も辛いんです。

 

>また、去年「そろそろ子供が欲しい」と伝えたこともあり
>彼は、このままだと子供も愛せないんじゃないか、
>妻が妊娠が難しい年齢になる前に離婚したほうがいいんじゃないか、とも悩んでいるようです。

 

妻であるあなた、ゆまさんへの愛がいっぱいですよね。

そして、まだ見ぬ未来のお子さんに対しても。

 

「妻のことさえ、愛せず、幸せにでいない自分に、我が子を愛せるのだろうか。またもう一人不幸にしてしまうだけではないだろうか。」

「このまま、また罪を犯すなんて、もうイヤだ―。」

 

はい、【罪悪感】そして【無力感】を抱えて苦しんでいるのです。

 

夫婦は同じ感情で苦しむ

ということが言えまして。

 

先日の記事でもちらっと触れましたが、ゆまさんの中にもこの【罪悪感】があります。【無力感】

それは、お母さんとの関係で培われてきたものが大きいと思います。

 

頑張っても頑張っても報われない。

何をやっても、変化もしない。

 

こんな私って…

もっと難しい状況の方々のいる中で、だいぶ恵まれている環境なのに…

涙が止まらなくなったり、息が苦しくなったり。頑張っているのにうまくいかない私なんて。

 

こんな私でゴメンナサイ。

 

もしかしたら、ゆまさんの中では、自分の存在なんて価値がないように感じる【無価値感】としては意識できているかもしれません。

【無価値感】【罪悪感】って、依存側からみるのか自立側からみるのかで、少々表現が異なるのですが、似たようなものなのです。

 

ざっくり言うと

相手から認められる価値がないって表現になれば【無価値感】

相手に認められるまで、役に立てなかったという表現になるのなら【罪悪感】

 

ゆまさんにある【罪悪感】を癒し、手放していきませんか?

 

>わたしは、今のところ彼と一緒にいたいし、彼には一緒に居て楽しいと思ってほしいし、彼の子供を生んで楽しい家庭を築きたいです。

ゆまさんは、彼と一緒にいて、楽しいですか?

楽しい、幸せ、あなたと一緒にいれて嬉しい♪そんな思いを表現なさっていますか?

 

彼があなたの一緒にいて、楽しそうに見えなくても、あなたが彼と一緒にいたい、いれると嬉しいという思いは持っていていいのです。

 

私といても、辛いだけだよねー

苦しめてばかりだよねー

そんな彼を見てると、私だって、悲しいし、辛いし…

とここにフォーカスしすぎて、そんなことばかりが彼に伝わってはいないでしょうか?

 

「今」できることをしましょう。

〇自分に優しい言葉をかけて、褒めたり労っててあげましょう

鏡に映る自分に「ゆまちゃんいつもありがとう」「ゆまちゃん、可愛いね」「ゆまちゃん、いつもよくやってるね!」「ゆまちゃん大好きだよ」など

お母さんに小さいころに言って欲しかったであろう言葉を、自分にかけてあげてもいいです。

 

〇自分で自分を満たしましょう

・ゆまさんにとって、楽しいことってどんなことでしょうか?

・気分があがる、心地よさを感じるときってどんなときでしょうか?

 

できれば、まずは、旦那さま関係なく、自分ひとりで完結していることがいいです。

例えば、美容やファッションがお好きなら、自分がウキっとするようなファッションのコーディネートを考えてみる♪

鏡の前で、ひとりファッションショーやってみてもいいですね。それを着て1日過ごす。

お家で、とびきりお気に入りのコーディネートですごしてもいいですし、お出かけしてもいいです。

 

〇自分の感情を感じて、そのままに受け止めてあげましょう

悲しいなら悲しい、辛いなら辛い。ただ、それを受け止め寄り添ってあげるだけ。

嬉しい、楽しい、幸せ~なら、一緒に喜んであげればいい。

 

そこで、ちゃんとしなきゃ!泣いてても変わらないんだからって、お尻を叩いて頑張らせようとしなくてOK!

私だけ、幸せそうに喜んでちゃダメ!ってしなくてOK!

 

〇彼に、あなたの笑顔を見せてあげましょう

これは、上を進めていくうちに、自然とできるようになっていくかと思いますが…ぜひ、笑顔をみせてあげてください。

妻の笑顔は、男の、旦那さまのエネルギー源です!

 

時間は少しかかりますが、互いの【罪悪感】すーっと癒されていくはずです。

 

〇彼に「ありがとう」や「あなたのおかげで幸せよ」ってお伝えしてしましょう。

もし、今まで、あまりお伝えしてこなかったのあれば、ゆまさんもハードルが高いですし、お相手の旦那さまも、「今さら何?」という態度をもろになさるかもしれませんが、それも想定内で^^

 

 

ゆまさん、ゆまさんは、幼いときからの経験で、自分を抑えることをたくさんしてきたと思うのです。

そして、我慢もたくさんして、「どうあるべき?」「どうしたら喜ばれる?」「どうしたら嫌われないか?」といった思考で、動いてきたと思うのですね。

それもお母さんのために。ご相談文には母とのことしかありませんが、母同様に父や、その他の方のために頑張ってきたのではないでしょうか。

 

それが、かつてのあなたにとっては、愛されるという成功体験だったのかもしれません。

だけど、大人の今、もうお母さんを喜ばせようとしなくてもイイのではなでしょうか?

 

それよりも、自分を喜ばせること、自分を幸せにすることを、ぜひ!

 

あなたの喜びや幸せが、彼の喜びとなり、男の自信にも繋がります。

男性のヒーロー願望を満たします。

 

元来、男性は自分のおかげで世界を救いたい!って思う心理があります。

小さい男の子むけのテレビって、ヒーローものですよね?自分のおかげで悪が倒され、また平和が戻り、ヒロインが喜び、

「ありがとう~ おかげで助かったわ。あなたってすごいのね!!」って満面の笑みで言うてくれるアレです(´∀`*)ウフフ

 

少々、お時間はかかるかもしれませんが、まず3か月ほど、上に書いたこと取り組んでみてください。

そして、感情を吐き出すところもあるといいかと思います。

 

良かったら、私の個人セッションへお越しになりませんか?

まずは、カップルカウンセリングではななく、ゆまさんおひとりで。

ゆまさんの、ホントのお気持ち、たくさんお聞かせください。

 

ゆまさん、この度はココロノマルシェへご相談いただきまして、ありがとうございました。

ゆまさんのお幸せを心より願っております。

 

あ、それと最後に!

「男の言葉は鵜呑みにしない!」

ぜひ、頭の片隅に置いておいてくだいませねー

 

このあたりのことは、セッションでもいろいろ聞いて下さいませね。

黒江香でした。

 

↓男性心理がわからない!知りたい!そんなことも、こちらの10日間レッスンでは、学べます↓

 

【無料10日間メール講座】と【LINE】にご登録いただき、「プ」とLINEにご返信いただくと、【女性性をあげる10のプチレッスン動画】を特別プレゼント中です!

赤裸々トークや、ゲリラな特別なお知らせも届くかも☆ご登録は下のバナーから

毎週金曜日配信。タイムラインは毎日アップの予定(笑)

友だち追加

 

主なご相談は、セックスレス解消・別居や離婚危機・夫婦仲修復したいといった夫婦問題や、恋愛がうまくいかない・彼氏ができない・恋愛未経験など恋愛・パートナーシップ問題です。

これまでいただいたご感想はこちらです。

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

 

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

◆カウンセリングが気になったいるあなたは、まずこの記事を!

◆先月のよく読まれたベスト5記事

◆黒江香の黒歴史はこちら

◆記事やYouTubeで取り上げて欲しいご相談はこちらにて募集中です!

結婚20年経っても、「お前しかいない!」と言われ続けちゃう!愛され妻の極意

大切にされない関係を卒業して、自分史上最高のパートナーシップを叶える! セッション

No Comments
Previous Post
2021年7月11日
Next Post
2021年7月11日