オンライン相談室

【ご相談に回答】モラハラ夫と別居中。母として女として強くなるには、どうすればいいでしょうか?

愛あふれるあなたさま、こんにちは~ もっともっと、まだまだって思うことは、すでに「ある」し、その才能に優れているなんて言うのですが、本日はまさになご相談です。

こころもカラダも溺愛される!恋愛・パートナーシップカウンセラーの黒江香です。

これまで15年以上3,000人を超える、恋愛・結婚・パートナーシップに悩める女性を笑顔にしてきた経験&ノウハウと、

19歳で出会って結婚。ドン底・家庭崩壊寸前を経て「やっぱりお前しかいない」を言われ続ける結婚20年超えの愛され妻の極意をギュギュっと詰め込んで、本日もお届けいたします。

ココロってノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしてまいります。

ココロノマルシェはこちら

本日のご相談はこちらです。

 

自立した女性って、どんなイメージをお持ちでしょうか?

経済的にも、精神的にも、だれにも頼らずひとりで生きていける女性?

確かに強いかもしれませんが…

誰かとともに生きる人生を選びたいのなら、「お互いさま」「助け合い」「持ちつ持たれつ」そんな言葉を思い出してみるのもアリだと思います。

自立して生きざるを得なかった過去を、手放すときが到来しているのかもしれません。

 

自立した強い女性になるには

あやさん

上手に説明できるかわからないのですが、よろしくお願いします。

私は今不安神経症を抱えながら専業主婦をしていますが、今旦那とは別居中です。就学前の子供2人が発達障害を持っており、子供たちへの暴力とモラハラが原因で夫には出ていってもらいました。
今後は離婚を考えており、母として強くなりたいのですが、時々「騎士みたいな男の人に守ってもらいたい、助けてもらいたい」という依存心が出てしまいます。
私は超自武女の母、アルコール依存・精神疾患・無職の三重苦の父の一人娘です。父は普段優しい人でしたが、酒を飲むと暴れてよく警察にお世話になりました。私が20歳で父と母が離婚、その後がむしゃらに頑張った20代前半に大失恋から心身症を患い大学を休学中、ちょうど出会った夫と学生結婚。その後、結婚9年目にしてモラハラで別居中です。こんな自分でもきちんと離婚して、初めての社会人生活をして、自分で身を立ててから新しいパートナーが見つかったら良いなと考えています。

私のこの弱さは大人になるまでの家庭環境のせいでもあるのでしょうか。そして病気を乗り越えて母として女として強くなるには、どうすればいいでしょうか?

 

あやさん、はじめまして。黒江香と申します。

一気に寒くなってまいりましたが、体調などはいかがでしょうか?

毛布にくるまったり、あたたかくするだけも、気持ちって落ち着いて不安も軽減されるので、ぜひぜひぬくぬくしてくださいませね^^

 

あやさん、あやさんはもう十分に強さをもって、生まれてきてらっしゃると思うのです。

母としての強さがあるから、発達障害のあるお子さんふたりも育てられるのです。

なかなか、思うようにいかないこと、言っても伝わらないこと、工夫してもなかなかなこと、日々いっぱいではないですか?

だから、ふたりのお子さんがあやさんをお母さんに選んで生まれてきたってことは、それができる強さが、愛の器の大きさがあるってことですよ^^

とはいえ、ご本人としては、もっと強くならないと!そうしないとこの子たちのこと守れない、私が頑張らないとって思うお気持ちがお強いのだとお察しいたします。

 

>就学前の子供2人が発達障害を持っており、子供たちへの暴力とモラハラが原因で夫には出ていってもらいました。

旦那さまのお子さんたちへの暴力とモラハラは、本当にお辛かったですね。

私の子どもたち(19歳と12歳)も発達障害を持ちます。タイプもそれぞれで、上の子のときはかなり難儀をしました。

でね、下の子が生まれたのち、夫の下の子への、暴言・暴力がかなりのもになり、いつも私たち3人は泣いてましたし、怯えてました。で、夫との別居も何度も繰り返したのですね。

 

ところで、あやさんが、おっしゃる強い女性ってどんなイメージをお持ちなのでしょうか?

経済的にも、精神的にも、自立して、誰にも頼らず、ひとりで生きられるような女性かしら?

 

>「騎士みたいな男の人に守ってもらいたい、助けてもらいたい」という依存心が出てしまいます。

このお気持ち、もって当然だと私は思うのです。

さらい言えば、守ってもらう、助けてもらうことができるって、強さがあるからなのです。

 

きっと、今、「へ!? 何言うてんの?」ってお思いかと思います。

人ってね、自分の弱さを見せたることって、とっても怖いのです。

そこには、「否定されたらどうしよう」「嫌われたらどうしよう」という気持ちがあるからです。

でね、その怖さを超えられるのは、弱さを見せることのできる真の強さがあるからです。

 

「助けて」って、あやさんは言えますか?

おそらく、いよいよになってもなかなか言えないのではないでしょうか。

それは旦那さまや、ご両親など、身近なひとになればなるほどに。

 

もしかしたら、これまではそんな考えさえもなかっかもしれませんね。

私がなんとかしないと。

私ひとりで頑張らないと。

この思いで、日々頑張ってこられてるかもしれないですね。

 

>私は超自武女の母、アルコール依存・精神疾患・無職の三重苦の父の一人娘です。

お小さいときも、ママに、パパに、甘えたりってできなかったのではないでしょうか。

それよりも、パパとママのためにって頑張ることばかりではなかったですか?

一人娘さんであれば、自分ひとりで抱えるしかないですものねぇ。

 

だから、

>私のこの弱さは大人になるまでの家庭環境のせいでもあるのでしょうか。

弱さではなく、強くなろうと鍛え上げてきたと言えると思います。弱い自分じゃダメよって、ムチ打って。

きっと、弱音を吐きたいときも、ぐっと飲み込んだことありますでしょ?

本当はママの膝の上で甘えたいときだって、甘えられずにガマンしたこともあったでしょ?

 

人は当たり前に弱さを持つ生き物です。だから、誰かとともに生きたり、助け合ったりするんだと思います。

あやさん、あやさんも、そうやって生きていいんです。

これまでは、ひとりで頑張らないと、耐えないといけないような状況があったかと思いますが、もうその生き方を辞めてもいいんです。

 

あやさん、ひとりで背負いすぎることを、もうやめるときではないでしょうか。

ひとりでがんばろう、背負おうとすればするほど、またそのような現実がやってきます。

 

それよりも、周りに助けてもらうのです。

お子さんたちのことだったら、今おいくつかわかりませんが、通っている幼稚園などの先生方。

診断もついているのであれば、療育機関や、児童発達支援など。もうすでにいろいろなさっているかもしれませんが、とにかく頼れるところや、頼れる人には頼ることを私はおススメします。

あやさんが、助けをもとめれば、助けてくれるひといるはずです。

 

旦那さまとは、詳しことがないのでわかりませんし、おふたりの関係は離婚を考えているのであれば、破綻しているのかもしれませんが…

経済的には援助をしてもらう、別居でも婚姻費用を出してもらうなど、していいと思います。

また、離婚をなさったご両親とは、交流はありますか?

 

今のあやさんにとって、思いつかないような、なかなか厳しいって思うご提案かもしれませんが、必要なことは「助けてもらう」ことをご自身に許可することだと思います。

市の保健師さんだっていいのです。

地域の支援センターみたいなところでもいいのです。

弱音を吐けるところを数か所持つことぜひおススメします。

 

どうして、こんなにまでも、人に頼りましょう、助けてもらいましょうって言いうのかは、放っておくと自立しすぎる傾向にあると思うからです。

そして、それは過去の私とも言えるからなのです。

ひとりで抱えてなんてもこなせるのが、自立した女性ではないと思います。って、私はそうならなきゃいけないって思っていたのです。

互いに助け合い、補い合えるのが、自立した大人女性だと、今は思います。

特にパートナーシップにおいては、重要です。

 

私は、大失敗、いえ、大きな学びをしました。

超自立しすぎ、ひとりで何もかも抱えないといけないような状況になり、いよいよなときに、保育園の先生、家庭線センターの先生に、助けてもらっての今があります。

通常なら、学校や会社に行くような時間に、夫の怒鳴る声、暴力におびえ泣き、いよいよになって私は家庭支援センターにSOSの電話をしたことがあるのです。また、保育園に来ない息子と私を心配して保育園の先生と家庭支援センターの先生が助けに来てくれ、息子と娘を保護してくれました。

それをキッカケに、私は、やっと少しずつ周りに頼ることを自分に許可をしたのですね。で、すべて私がしないといけない状況だったのが大きく変わりました。

 

>こんな自分でもきちんと離婚して、初めての社会人生活をして、自分で身を立ててから新しいパートナーが見つかったら良いなと考えています。

どうか、ご自分をあまり責めず、ムチを打たずに過ごしてくださいね。

 

もちろん、経済的に自立することも、初めての社会人生活をなさることも大切な経験ですものね。私は、応援しています。

新たなパートナーさんとのお幸せもきっと叶います♪

あやさんが、お子さんたちと、こころから笑ってお過ごしになられることを、心より応援しております。

 

黒江香でしたー。

 

母としても、ひとりの女性としてもこころから笑える日はきますよ^^

 

◆あなたからご意見・ご感想、ご質問などをいただけるととーっても嬉しいです◆

いただいたお声は、どなたかわからないカタチにて記事にてご紹介&お返事させていただくことがございます。

こちらまでお寄せくださいませ~

 

主なご相談は、セックスレス解消・別居や離婚危機・夫婦仲修復したいといった夫婦問題や、恋愛がうまくいかない・彼氏ができない・恋愛未経験など恋愛・パートナーシップ問題です。

これまでいただいたご感想はこちらです。

 

ムリして頑張らなくても、ゆるふわのままで愛される極意をYouTubeにてお届け

 

【LINE公式】にご登録いただき、「プ」とLINEにご返信いただくと、【女性性をサクッとあげる10のレッスン動画】を特別プレゼント中

赤裸々トークや、ゲリラな特別なお知らせも届くかも☆ご登録は下のバナーから

友だち追加

 

30代以上の彼氏いない歴=年齢を卒業したいあなたも、彼氏にもっと大切にしてほしいあなたも、旦那さまからもう一度女として愛されたいあなたも、

10日間の無料メール講座で『愛されメソッド』で学んで実践してね♡

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。

愛しています。いつもありがとう❤

 

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

女は花であればいい

ただ、そこに咲き誇る花であればいい

 

大切にされない関係をサクッと卒業!ずーっと溺愛される甘え上手な女性になるヒミツ

大切にされない関係をサクッと卒業!ずーっと溺愛される甘え上手な女性になる カウンセリングセッション

No Comments
Previous Post
2021年10月21日
Next Post
2021年10月21日