黒江香のここだけの話し 

【夫婦仲修復】私の尊敬する大先輩のひとり、ゆっちさん(八馬ゆみさん)の100年愛講座のお手伝いをさせていただきます。

愛あふれるあなたさま、こんにちは~ さ、寒い。寒すぎます。

さて、今日は、2022年1月に始まる、活動のお話しを。

19歳で出会い「やっぱりお前しかいない」を言われ続ける、結婚20年超えの愛され妻の極意を知れば、

あなたもずーっと溺愛される女性、愛され妻になることができます。

これまで15年以上、3000人を超える、恋愛・結婚・パートナーシップに悩める女性を笑顔にしてきた経験&ノウハウとともに、本日もお届けいたします。

こころもカラダも溺愛される!恋愛・パートナーシップカウンセラーの黒江香です。

ゆっちさん(八馬ゆみさん)と。

タイトル通りなのですが、私もかつて、何度となくお世話になった、夫婦仲修復に特化したカウンセリングや講座開催などの活動をなさっているゆっちさん。

ゆっちさんの、大人気講座!”100年愛講座” こちらのお手伝いをさせていただくことになりました。

いやー、お電話いただいたときは、びっくりしましたが、もちろん即答でお受けさせていただきました。

あ、この写真は、2年前、私の師匠の根本裕幸のお弟子さん講座2期のときに、ゆっちさんが撮ってくださったものです。

↑ここの写真に写っている、ゆっちさん、そして、しまこさん との出会いがなければ、今の私はいないのです

もともと、カウンセラーをする気も全くない、アロマセラピストであり、アロマの先生だったのです。

どこかの記事に書いてますが、シショ―の根本さんを知るキッカケも、ゆっちさん経由だったのね。

 

夫婦仲は、ずーっと悩んできたし、「私と夫はムリなんだわ」って思うことばかりだったのですが、今、私が言えることは、

夫婦仲は改善できるし、レスも解消できるよ!

なんなら、アラフィフでも、夫婦のセックスはもっと良くしていけるよ!

なのです^^

 

「ここまで修復できるとは自分でも驚きです(≧∀≦)」

「4年のレスが解消しました。夫にもう女として見れない。と言われていたのにです。」

と笑顔で言える日が来るのです。

 

さて、何から、書こうかなーっと思うのですが、そもそも、私がなんでゆっちさんと出会ったのか、ゆっちさんの講座を受けに東京まで行ったのか、ですよね。

私は今回の100年愛講座の前の講座、”愛され妻講座”を受けに、当時、東京まで行ったのです。

最近、私のことを知ってくださった方は、「香さんって、元々めっちゃ優しい旦那さまに、ずーっと大切にされてて、、、だから、旦那さまを頼ったり、甘えたりできるのよね!?」と思っているかもしれませんが、

↑え、思ってない(笑)

全然違うのですよ。

 

端折って書いても、まぁまぁ、長いですが、どうぞお付き合いくださいませ^^;

私は、生きてるのか死んでるのか、分かんないくらいにズタボロな夫婦仲だったのです。

夫にセックスを拒まれる妻であり、妊娠中にしんどくてベッドで寝てれば帰宅した夫に、壁にカバンを投げつけられたり。

かつては年に1度ほど、突然高熱が出て、その時が唯一休める時だったのですが、「こんなにしてやってるのに、なんでしんどくなるんだ!」と怒られるのが私の日常。

夫の息子への暴言やら暴力から逃れるために、夫が休みの日は、子供連れてずーっと出かける日々。

同じマンションの人に通報されたこともあれば、下の息子が通う保育園の先生に「離婚しないのですか?」と言われたり、保育園の先生に子どもたちふたりを保護してもらったことも。

何度、別居したのかもわからない。でも離婚もできない。

夫と私は、心理的にべったりでもあり、また、私は、何でも自分で背負うタイプだったのです。

そんなことがあっての今なのです。

 

あ、こんな日々でしたが、今は全くもって違います。とへいえ、私たちは、夫婦喧嘩はしますけどね。

私は、福岡在住の19歳のときに、サークル活動をとおして、夫と出会います。夫は大学1年生で、私は短大1年生の同い年です。

若干のいろいろなことを経て、お付き合いをはじめ、夫が就職して2年目の夫が24歳、私が25歳のときにに結婚しました。

2000年の6月。世間がミレニアム婚だとか言っていた頃です。なので、出会って27年目、結婚して21年目です。

 

ここでは、かなり端折って書きますが、結婚して大分に住むことになるのですが、忘れもしない、大分県の郊外で行われた野外イベントLIVEに夫と一緒に行ったのですが、そのときに夫と大喧嘩したのです。

今思えば、互いの正しさ争いです。

だけど、そのときの私は思いっきり悲しかったし、夫のことを心底あり得ない!って思いました。そして、散々責めました。

そして、その大喧嘩をキッカケにして、私たちはレス気味になっていくのです… 新婚なのに、早っ!ですよねぇ(泣)

今思えば、私がこのケンカで、夫をズタボロにしたんだと思います…

そこから、どんどん、夫婦のコミュニケーションは取れなくなるんです。

もしかしたら、私たちのの関係は、ずーっと単なる表面だけのやりとりで、薄っぺらいものだったのかもしれません。

 

それがいよいよ、2010年に産んだ、下の子(息子)の成長をキッカケに、より深く夫と、そして自分と向き合わざるを得ない、家族としてもうダメかもという状況になりました。

実はね、息子を妊娠したことで、夫も私も、これで問題解決!だって思っていたのです。

なのに、まさか、まさかの、そこからが、はじまりだったんです。

 

そして、正確には思い出せないのですが、2013年あたりにゆっちさんい出会い、2014年頃からセミナーに何度となく通っていたのです。

これが、まずは、ゆっちさんと私との出会いです。

そして、私は、かなりの劣等生でした。

 

私のところへは、夫婦仲修復を目指すかたもいらっしゃれば、旦那さまや彼とのセックスレスの解消をしたいという方もいらっしゃいます。

また、未婚で彼氏募集中の方、その中でも特に、今まで男性とお付き合いしたことがないという女性の割合が多いのです。

背景には、女性としての自分に自信が持てない、心のどこかで女性としての性を嫌悪したり否定したりしている、さらに男性に頼ったりお願いなんてできず、「自分で何とかしないと!」ばかりの、自立系でオトコマエな女性という共通点があるのです。

女性として生まれたのに、女性としての悦びや幸せを、自分に与えられないのです(T_T)

既婚の方とほぼ同じくらい、未婚の方がいらっしゃるのは、私自身が、「結婚する前に、男女の違いとか、自分の整え方とか知りたかった!!」という思いがあったり、結婚する前に知って欲しい。という思いがあるからだと思います。

 

今、あなたが旦那さまとのことで、まるでどん底と思っているような状況でも、

「ここまで修復できるとは自分でも驚きです(≧∀≦)」

そう思える日が来ます。

 

離婚寸前で別居して、再同居するもののギクシャクばかりでも、

「レス解消したんです。四年ぶりです。夫の浮気や風俗が発覚し、女として見られないと言われていたのにです。」

と笑顔になれる日が来ます。

これらは、実際にクライアントさまからいただいたお声です。

今は、自分の経験だけでなく、クライアントさまのおかげで、そう言える私になりました。

 

「女性としての自分に自信を持てず、女性としてダメだから旦那さまに拒否されるの?」

「女として魅力がないから、ダメなの?」

と思い込んでいるあなたに、「決してそうではないのよ。」ということをお伝えしたいと思っています。

本来のあなたは、とても魅力あふれる素敵な女性なんだもの♡

 

甘え下手な女性が、どうしたら甘え上手になって、旦那さまに溺愛される女性になれるのか。

それも、今となっては、私の得意分野です。

旦那さまにお願いできない、頼れない、つい何でも自分で抱え込んでしまう・・・

そんなあなたも、ムリせず、がんばらず、ゆるふわ~としていながら、ドンドン旦那さまと仲良くなっていくことができますよ。

 

夫とのこと、子供たちのこと、もう最近は、渦中のことをあまり書いてはいませんが、また書いてみようと思います。

 

ゆっちさんとのこれまでのことを綴った記事、リンクを貼りますね。他にもあると思うのだけど、探せなーい^^;

 

 

◆あなたからご意見・ご感想、ご質問などをいただけるととーっても嬉しいです◆

いただいたお声は、どなたかわからないカタチにて記事にてご紹介&お返事させていただくことがございます。

こちらまでお寄せくださいませ~

 

主なご相談は、セックスレス解消・別居や離婚危機・夫婦仲修復したいといった夫婦問題や、恋愛がうまくいかない・彼氏ができない・恋愛未経験など恋愛・パートナーシップ問題です。

これまでいただいたご感想はこちらです。

LINE公式】にご登録いただき、「プ」とLINEにご返信いただくと、【ずーっと溺愛される甘え上手な女性なれる】プチレッスン動画を10本!特別プレゼント中

赤裸々トークや、ゲリラな特別なお知らせも届くかも☆ご登録は下のバナーから

友だち追加

 

30代以上の彼氏いない歴=年齢を卒業したいあなたも、彼氏にもっと大切にしてほしいあなたも、旦那さまからもう一度女として愛されたいあなたも、

10日間の無料メール講座で『愛されメソッド』で学んで実践してね♡

大切にされない関係をサクッと卒業!ずーっと溺愛される甘え上手な女性になるヒミツ

大切にされない関係をサクッと卒業!彼から「やっぱりお前しかいない」と言われ、ずーっと溺愛される カウンセリング

No Comments
Previous Post
2021年12月6日
Next Post
2021年12月6日