黒江香のここだけの話し 

色香を高めると、ふんわり愛されオーラを放つことができますよ!私の衝撃の写真ありです

● 色香を高めると、ふんわり愛されオーラを放つことができますよ!私の衝撃の写真ありです(-_-;)

あなたの色香を高めると、ふんわりと女性らしい愛されオーラを放つことができます

あなたがいちばん欲しい、ひとりの男性から永遠に愛される世界がすぐそこにあるのです

男性からはもちろん、女性からも、愛される素敵な女性になれるのです

そして、あなたが望む愛も、豊かさも、自由も全てあなたの思うがまま手に入れられるのですね

色香を高めるって、セクシーな露出の多い服を着るといった、そういう小手先なものではないのです

あなたの内面からあふれでる、輝きとでもいったらよいでしょうか

はっきりとコレです。と目に見えるものではありませんが、きっとお分かりになると思います^^

さて、私の写真です。どうぞ、見比べてみてください。下に行くほど、衝撃写真も出ます(^^;

image

{3C9E4372-4D89-4CAC-A448-4388EBE772C0}

{78C5E9F6-0541-4378-9ED7-462C77E98ACD}

ここまでは、ここ最近の写真です。

「どうしたら、そんな風になれますか?」「香さんみたいになりたいです。憧れます。」「色っぽいですね。」「その歳で、子どもさんも産んでるのに・・・」

ありがたいことに、男性からも、女性からも、言っていただく機会が増えました。

ですが、ずっとこのような私だったというわけではないのです。

{819D6126-0ED2-4B2A-8D3E-E75E1E6D8E24}

 

{E70A001F-4429-421F-A9CB-295CE787E6B4}

自分で見ても、怖いですね・・・キツイというか(-_-;)

この写真は、およそ3年前です。今より若いのです、年齢的には・・・この頃も、ワンピースに巻き髪です。

なのに、この違いです。ふんわりした柔らかさとか無いですよね。色香なんて漂ってもないですよね。

 
「この香さんなら、話しかけられない」はい、私も同感ですアセアセ

さらに、こちらです。子どもたちは、誰だかわからなかった衝撃の写真です。20歳のころです。

あ~~、なんてモッタイナイ20歳を過ごしたのでしょう(>_<)

私は、4000gで生まれた時から肥満児で、鮮明に覚えているのは小2の身体測定で45kg
ピーク時は小6で、80㎏超え

ずっと、みんなは太っていなくていいな。デブな私は嫌。可愛くないし・・・

運動なんて全くダメだし、勉強だって自分が納得できるレベルではないし・・・

ホントに、私って。。。なんでこうなんだろうと思っていましたえーん

その頃は、どうしたら可愛く見えるかなとか、ファッションを工夫することもできなかったのです

色付きリップさえ、塗ることができなかったのです。

私なんかが、そんなことしたら恥ずかしい・・・デブのくせして必死こいて馬鹿みたい。って思われるのが怖い。そう思っていました

被害妄想ヒドイですよね。そしたら、極めつけは、こんな現実を引き寄せました

高2の時に、大好きな彼が通う高校の学際に友達といったことがあるのです。友達は、顔だちもきれいな美人さん。口元には色付きリップ。

それに比べ私は・・・と、みじめに思っていました

その友達と私は同じ名前、かおりです。私の大好きな彼が、私のことは名前で読んだことないのに・・・友達のことを「かおりちゃん」って言ったのです

もう、辛かったなぁ。25年以上経った今でも覚えているくらいですから、よっぽどですよね笑い泣き

つらつらと、過去の思い出を書きましたが・・・

ずっと私は、自分のことが嫌いで、自分の存在を認められなかったのですよね

父も母も私のことなんか、そんなに大事じゃないんだよね。死んだ弟のほうが、可愛いんだ、愛しているんだ

死んだ弟のことは「きれいな顔だちで男前な子だった!」と事あるごとに言っていた父。名前も父からの1字もらい

だけど、私のことを「きれいで可愛い」なんて1度だって言ってくれなかった!そんな風に思って自分のことをどんどん卑下していったのです

弟は生まれて数日で、亡くなりました

父は、死んだ弟のことを生まれて数日の顔しか知らないのだもの。その時を思い出して語るのは当たり前ですよね

生まれて数日で死んだ弟。声を聴くこともなく、いたずらを叱ることもなく、キャッチボールをして一緒に遊ぶこともなく失ったわが子

母は顔を見ることもなく、埋葬された弟の骨壺を抱くだけだったそうです。私は当時4歳。母が病室のベッドで、声をあげて泣いている姿はよく覚えています

祥月命日には、ご供養をし
て、毎月のように死んだ弟のことを「きれいな顔だちで男前な子だった!」と言う父

その言葉を聞くたびに、「私はきれいではない。私は可愛くない。」と変換していたみたいです。ホントに、勝手な妄想です(-_-;)

そして、こころのどこかで、お父さんに認められる男の子になりたい、と生きてきた気がします

ずっとショートカットでスカートが似合わないからズボンばかり!小さい頃は、男の子に間違われていました

本当は、両親の話、死んだ弟の話しを書くつもりは全くありませんでした。数年前まで、すっかり忘れていたことです。ここ数年、夫との関係や、子供たちとの関係を見つめなおすことがあり、数年前に突然思い出したのです

そして、私が自分のことを認められていなかった、と書いていたら、溢れてきちゃって・・・

私は、オンナとしていきていいんだ、とやっと思えるようになりました。そしたら、ずいぶん楽になったのです。そして、私の中に眠る色香を高めることで、人間関係がとっても楽になりました

夫との関係はもちろん、子どもたちとの関係も。←この話は、またにします(笑)

そして、とにかく周りの人たちが優しいし、いっぱい助けてくれるのです

支援のいる子供たちですが、学校の先生や療育の先生たちがいろいろと助けてくれるようになりました

これって、ちょっとムズカシイ話しかもしれませんが、私が、助けてもらうことを自分に許しただけです。みんな、以前から、「助けてあげるよ~」って言ってくださっていたのだと思います。だけど、私が、受け取らなかったのですね(;´Д`)

また、40歳すぎて新たなお友達ができて、交友の幅が広がりました♡

あなたは、色香を高めて、大好きな人から愛されまくりの人生を歩んでいいのです!

きっと、あなたは変われます。私だからこそ、こころからあなたの未来を信じることができます。
 

 

 


No Comments
Previous Post
2018年5月24日
Next Post
2018年5月24日

No Comments

Leave a Reply