黒江香のここだけの話し 

あれから1年。今日、娘は帰省してきます。娘の誕生と私の黒歴史。

⚫️ あれから1年。今日、娘は帰省してきます。娘の誕生と私の黒歴史。
 
こんにちは、黒江 香です。
 
アメブロさん、昨年の記事をお知らせしてくれました。
 
春分の日に、娘は家を離れて暮らし始めたみたいです。
 
そして、今日、春休みを利用して、帰って来ます。
 
image
 
学校に行けなくて、どれだけ取っ組み合いをしたかもわからないほど。
 
傷つけあって。
 
愛情があるのに、ありすぎるほどにあるのに。
 
上手く伝えあえない、母と娘。
 
 
娘は、2002年11月12日に日付が変わったころ生まれました。
 
予定日は12月10日。だから、およそ1ヶ月の早産。
 
 
11月11日は月曜日。
 
お買い物に行ったり家事を済ませ、お昼寝をしていた私は、違和感を感じて目を覚ましました。
 
大出血をしていたのです。ベットが血でべっちょり。
 
その時は、あんまり事態の重大さに気がついていない私でした。
 
病院へ電話をして、荷造りをしてひとりで病院へ。
 
出血しているので、ひとりで歩いていきました。
 
 
この日、夫は携帯を置いて出かけていたので、連絡は取れず。
 
実家も遠く離れていたので、とくに連絡することもなく。
 
で、病院について、検査をして、モニター(赤ちゃんの心音を計測するもの)とかをつけられてベッドで横になる私。
 
どんな説明を受けたとか、あんまり覚えていないのですが・・・
 
 
何度も看護婦さんが、ダンナさんは連絡付かない?って聞いてきて。
 
そのうち、会社に電話していい?って聞かれ。
 
それでも、その日、同僚たちと飲みに行っていた夫は全く連絡が付かなくて・・・
 
 
で、担当の先生が何度か様子を見に来るのだけど、そのうち
 
 
顔面蒼白
 
 
していっているのだけは覚えてるの。
 
あーー、なんかこれはただ事じゃないんだ。それだけはわかった私でした。
 
18時頃に病院について、夫が来たのが23時くらいかな?
 
バタバタと出入りする先生たちや看護婦さんたち。
 
 
転院しないといけないのだけど、近くは満床で、ちょっと離れた病院へと救急車で運ばれる。
 
有無を言わさず、緊急の手術。
 
早期の胎盤剥離でした。
 
「まな板の鯉になってね」って、搬送先の先生に言われたのだけは覚えてる。
 
 
突然のことで私は、あんまりわけもわからず・・・帝王切開は嫌だって思っていたのにそれが、今、目の前に起きている現実。
 
怖いとか、イヤとか、思っていたはずだけど、おそらく私はひとことも言わなかった。言えなった。
 
で、手術。
 
麻酔を打つとき、この時だけはとにかく不安で怖くて。傍にいた看護師さんが手を握ってくれた。
 
どれだけ、心強かったか。
 
 
そして、いよいよ手術が始まるその時、手術室のドアが開き、ずーっと通っていた産婦人科の担当の先生が入ってきたの。
 
「大丈夫だからね。頑張ろうね。」って、私の顔をみてそう言ってくれた。
 
神さまに見えました。
 
すごくホッとして安心したのを覚えています。
 
 
 
そんな娘の誕生でした。
 
後々聞く話だと、胎盤剥離は非常に危険らしく、母子ともになくなるか、どちらかなくなるか。
 
助かっても障害が残ることがあるそうです。
 

誕生した後も、私のカラダもホントに大変で。
 
 
娘は心臓に穴が開いていることがわかったり。
 
それが治癒した後は、発達に問題があることがわかったり。
 
ずーっと、あちこち病院にいったり、訓練にいったり、療育に言ったり、そんな子育てでした。
 
 
胎盤剥離は原因はわかりません。
 
そして、娘の発達の遅れや知的な遅れは、胎盤剥離とは関係ないとは言われています。
 
 
 
だけど、頭ではそう理解していても、やっぱり母親ってそうは思えないところがあるもの。
 
胎盤剥離を起こしたのも、前日に夫と一緒にチャイルドシートをつけるのに、力を入れて頑張ったからかなって思ったり。
 
発達障害や知的障害が先天的なものだとしても、育てるのが私じゃなかったら、この子はもっとラクに生きられたのではって思ったり。
 
 
みんなと同じことがしたい!って思うのにできなくて。それが辛いって言う娘。
「できるように、頑張ろう。努力しようよ。」って言う私。
 
 
私がお母さんじゃなかったら。
もっと上手に育てられる人だったら。
 
 
そんな思いでいっぱいでした。
自分を責める気持ちと罪悪感でいっぱい。
 
 
だから、素直に、大好きだって言えない。
大好きで大好きで、大好きなのに。
愛してるし。
幸せに
なって欲しい。
 
 
娘の名前は私がつけました。
その漢字には「微笑む・笑う」という意味があるから。
 
 
いつも、笑っている子に育って欲しい。
それが私が娘に願った思い。
 
 
それなのに、小学校の高学年から中学校は、辛そうな顔ばかりしてた。
 
 
学校に行けなくて。
本当は行きたいのに。お友達が欲しいのに。
周りのお友達のように、電車にのって遠くにお出かけとかもしたいのに・・・
 
 
学校にいけない日は、ずーっとパジャマでうずくもってる子だった。
日当たりのいちばんいいところで。
 
 
私は、それを見るのが辛くて辛くてたまらなかった。
 
 
それで娘とバトってしまう。
 
 
ホントに、私は母として最低だって思ってきました。
 
 
義母から、娘が中学生になるときに「私が引き取って育てる」と言われたのだけど、その時は、自分のダメ母ぶりが辛すぎて、受け入れられなったのです。
 
 
で、中3のとき、夏休みに祖母の家に行った娘。そこで、自分の理想が叶う高校の話しを聞いてきたの。
 
 
娘が入学出来て、高卒資格が取れる学校。
 
 
私は、行けるなら行かせてあげたいって心からそう思ったの。
だから、「受けてみぃ」って娘にも言って。
 
 
学校の先生方、かかわりのある方々、お子さんのいらっしゃる女性たちは反対ばかりでした。
まだ、母親の元から離れるのは早いでしょって。
 
 
だけど、男性たちの意見は違ったの。
いいじゃyん!って。
 
 
私は、男性たちが言ってくれる言葉に希望を持ちました。
 
 
 
で、見事、受験にも合格できました。
 
で、去年の春分の日から、義母の家で暮らしています。
 
母曰く、「私が育てなおします!」だそうです(笑)
 
見事に、育てなおされたようです。
 
 
祖父母と暮らし、そこから学校に通っています。
 
あんなに起きれなったのも、ウソみたいに、毎朝6時に起きて、学習を済ませて7時過ぎに家を出るそうキラキラ
 
 
 
罪悪感のあるところには、愛がある。
愛があるからゆえに 罪悪感を感じるもの。
 
 
 
 
 
そうは言っても、自分事の場合はなかなか腑に落ちず。
 
だけど、この娘の誕生のことを書いていたら、それが繋がったように感じます。
 
 
 
出かけると、つい、娘の洋服とかをみちゃう私。
これも、愛するからゆえなんだ。
 
 
愛とか、愛するとかが、イマイチよくわからずに育った私。
だけど、私の愛をもっと信頼してみようと思います。
 
 
思いがけず、朝方から号泣してしまいました笑い泣き
全くこんな話し、書くつもりじゃなかったのに。
 
 
今、黒歴史シリーズを書いていて、そこで書こうくらいに思っていたのに。まあ、いっかぁニヤリ
 
 
 
愛するって、頭でわからなくても、説明できなくてもいいじゃん。
ね、だって、そこに存在しているだけで、こうしてご縁があるだけで、そこには愛があるからだもの。
 
 
 

◇現在募集中&今後の予定◇

カウンセリングをお考えの方へ

◆大阪・対面 NEW 3月22日(金) 10時~ 3月30日(土) 10時~ 12時~

◆東京・対面 NEW 3月23日(土) 18時~ 25日(月) 9時半~

◆オンライン   NEW 3月20日(水) 9時~ 22日(金)10時~ 

最愛の彼から永遠に愛される!彼を虜にする個人カウンセリング

◆色香を高める秘密の女子会♪ 

色香を高める秘密の女子会♪ってどんな会?と思われる方はこちらをどうぞ。
https://ameblo.jp/sweetrose1106/entry-12437057861.html

ハート受付中ハート
◆色香を高めるランジェリーショップ巡り&ラグジュアリーランチを楽しむ秘密の女子会♪ 

色香を高めるランジェリーショップ巡り&ラグジュアリーランチを楽しむ秘密の女子会♪ってどんな会?と思われる方はコチラをどうぞ。
https://ameblo.jp/sweetrose1106/entry-12407556768.html

東京 4月15日(月)開催はこちらへ。
大阪 4月19日(金) 開催はこちらへ。

 <
/p>

女性性を高めて、最愛の彼から愛されまくり!

私の数々の失敗談も・・・・笑い泣き

彼を虜にしちゃうほどの素敵な女性であり続けるヒントが満載です。

↓

-----------
あなたが望む最高に幸せな恋愛と結婚を叶える

最愛の彼から永遠に愛される!10の愛されメソッド

毎日あなたのもとにお届けいたします♪ ご登録は下のバナーをポチ クリック
https://www.reservestock.jp/subscribe/86178

 

 

 
 
 
 
 
 


No Comments
Previous Post
2019年3月23日
Next Post
2019年3月23日

No Comments

Leave a Reply