黒江香の黒歴史

永遠の愛人ポジション。

永遠の愛人ポジションにいる私。がやっと腑に落ちたかもーー

オトコマエ女子が女性性をあげて、最愛の彼を虜にしちゃう姫になる♡

オトコマエ女子の恋愛・結婚 パートナーシップ専門カウンセラーの黒江香です。

 

ずーっと良い子ちゃんのフリして生きてきた私。自分で自分を焼き殺してしまいそうなほどに、熱く激しいものがいっぱいなのに、それをどう扱っていいのかわからない。それを見せたら、私は本当の孤独になってしまう。そんな恐れが強いのです。

誰かといても、家族といても、こころはいつも孤独。独りぼっち。

それは、結婚してダンナさんがいてくれてもそう。子どもが二人いてもそう。40歳を過ぎたころから、友人・仲間ができて外には孤独感は減りました。だけど、近しい距離の間ではずーっと孤独のような、やっぱり独りぼっちのようなそんな気はぬぐい切れていなかったのです。

私のこころの中に、「私は孤独。私は独りぼっち。」という思いがあるから、それを証明するかのような出来事はどんどん訪れる。ホント、イヤね(;´Д`)

これまで、一人っ子だからそういうもんなんだって思っていました。一人っ子だから、誰かと交わるとか下手なんだって。で、一人っ子あるあるなのか、ひとりの時間はないと息苦しくなってしまうタイプなので、それはそれでOKな自分がいたりもする。

 

『自分で自分を焼き殺してしまいそうなほどに、熱く激しい私』これは、決して見せてはいけない。そう思っていたのだと、やっと少し言葉にできるようになってきました。

黒江香の黒歴史①では、どんな両親のもとに生まれたのかを書きました。そして、黒歴史②では死んだ弟のことや一人っ子としてそだった話しを。今回、3月に書いた記事を加筆修正しながら、再アップしてみて、やっと言語化できるようになったみたいです。

お父さん、お母さんへの愛がいっぱいなことに気づきました。そして、お父さんへの思いは、父親として好きすぎるを超えていたとも。

私は、お父さんにもっと愛されたかった。

ただただ、存在するだけの私を愛して欲しいと願っていたんだと思います。

父が私に向ける言葉は、

「泣くな。メソメソするな。」

「香は強いから、ひとりで頑張れ」

「お母さんは、弱いけど、香はひとりで何とかできるから、何とかしろ。」

 

お父さんに愛されたい私は、その言葉に従うの。とにかく頑張ろうとするの。だけど、お父さんは私のことよりも、私以外のひとを愛している。その思いを募らせていくだけ。

娘が生まれ、娘に子育てに悩む私。その私に父は、「もっと合わせてやれ、母親だろ。上手いことやりなさい。」「お母さんなんか、お前に付きっ切りでやっていたぞ。」

反論のひとことすら言えない私。

父に認めて欲しくて、愛されたくて、父の言動に振り回され、癒着しまくりで・・・やっとそこが腑落ちした。

そして、ずーっと愛人ポジションに入っていることも。

愛人ポジションでいることは数年前にセッションにて指摘されたことがありました。ただ、気づいてはいるものの、認めたくない私がいたのが正直なところ。

ダンナに、「私をお母さんの身代わりにしないで!私はあなたのお母さんじゃない!!」って、何度も言っていたけど、先にダンナを身代わりにしようとしていたのは私。

 

私は、父からの愛がなかなか受け取れない。

随分成長した私だけど、今でも、私の感情が欲しいのはそれじゃない!!って叫んでいるときがある。

もっと、こうして欲しい。もっとこんな風に愛して欲しい。私だけを見てよ!そんな感情が暴れるときがある。

でね、これをずーっと、かれこれ25年ほど、ダンナさんにぶつけてきたんだよね。

お父さんのことは、美化しまくって(;´Д`)

 

お父さんの本妻になりたい愛人ポジションの私。

お母さんが本妻。で、私は永遠の愛人ポジション。

お父さんの望むように、気にいるように自分を演じてきた私。で、ダンナは私の愛人ポジションに入れている。

それなのに、ダンナの1番になれない。って怒っていた私。

かれこれ、25年ほど一緒にいるのに、未だにに目を見てくれないとか、距離を近づけてくれないとか、私を1番にしてくれないとか思っていたけど、彼を1番にしようと私がしてこなかったんだわ。

そして、彼との間で満たされないものを、私は外で埋めようとしてきた。

それも愛人ポジションとして。

結局、外で満たすことも満たされることもなかったのだけど。

 

先日、師匠のセミナーに出ました。

親密感の恐れを手放すというセミナー。

私の参加目的は、「パパを手放す」だったの。

 

愛人ポジションを選んできた自分から、一歩、歩き出す。今、この記事を書いていて、「あー、これだったんだ」って気づきました。

セミナーレポは、ここではさっらっと・・・

男性たちに、愛される感覚。私の魅力や価値を与えてくれる彼らの言葉や視線を受け取る感覚。

熱く抱擁され、濃厚に抱き寄せられ、離れるときの余韻までも堪能したひととき。

 

パパを投影する男性には、懇親会のあとでもう一度、パパを手放すためにハグをしてもらい、「泣いても良いよ」「頑張らなくてもいいよ」って言ってもらいました。

ダンナを投影する男性には、ワークで伝える言葉を「愛してる」(←これは私が、夫にはなかなか言えないことばだから)に変え、ワークをチャレンジ。

途中、なぜだか、頭痛に襲われたり、めっちゃ落ち着かなくなってトイレに逃げたり(笑)

 

あーー、でもこうして、こんなことを書けてることがすごいわ。

ずーっと愛人ポジションを選んできた私。

私は、熱く愛し合える男性とともに生きたい。私の望みはただそれだけ。熱く激しいの。

懸命にクールなフリをしてきたけど。って、隠していると思っているのは自分だけで、周りにはとっくにバレているのでしょうね。暑苦しいだとか、濃いとか、書かれているということは(笑)

私は、情熱のオンナのままで生きたい。

私の熱い思いいだけには、ウソはつきたくない。

オンナである自分のままに生きたい。

 

そんな情熱のオンナの私と、熱く語り合いませんか?

あなたさまが、自分をも燃やしてしまいそうになるような熱い恋や愛のお話し。

心もカラダも、熱く愛し合いたいというお話し。愛やセックスのこと。

黒江香の個人セッションはこちらです。

 

今週末のココロノマルシェカウンセリング体験会の枠も、あと2枠ございます。

そちらへのお申込みはこちらです。

 

❤この記事へのご感想やコメントもお待ちしております~

ご感想はこちらへ。いただいたご感想は、どなたかわからないカタチにしてご紹介させていただくことがあります^^

コメントは記事一番のしたのコメント欄へどうぞ!

9月14日(土) 13時~17時 東京・飯田橋

ココロノマルシェ カウンセリング体験会

事前予約はこちらです。

★不倫・レス解消 もう一度ダンナさまから愛される夫婦仲再構築

★脱!恋愛対象外 本命になれるオトナ女子の恋と婚活相談

30分5,000円 45分7,500円 60分10,000円

「女としてみてもらえない」「好きなひとには好きになってもらえない」「いつも2番手の恋ばかり」「ご主人をもう一度振り向かせたい」

そのようなあなたのお話しをぜひお聞かせください

①13:00~13:45 ②14:00~14:45

15:00~15:30  ④16:00~17:00

☆2枠連続でお受けいただくことも可能です☆

 

 

No Comments
Previous Post
2019年9月10日
Next Post
2019年9月10日