オンライン相談室

セックスをもっと自由に楽しむにはどうしたらいいのでしょうか。【ココロノマルシェ】

こんにちは、黒江香です。今日の私はカラダの欲求に従い、お昼近くまで眠っておりました。その後は息子を学校までお迎えに行き、15時のおやつならぬ、15時のカレー。どうしてもカレーを食べたいという私の欲求に従い、カレーを作って食べました。
「こんな時間にカレー!?夕飯まで我慢すればいいのに!」「カレーライスなんか食べたら、また体重マシマシやん!!」とか言う悪魔のささやきは今日は無視です(笑)
さて、誰もがさまざまなマイルールを持っています。15時にはカレーじゃなくて、おやつでしょ!とか。決してそうでなくてもいいのにです。
もしかしたら、セックスについて上手くいかないなぁ。とか何か問題を抱えているというあなたは【セックス=○○】というマイルールに縛られてはいないでしょうか。あなたも【セックス=○○】について、どう考えているのかを書き出してみても良いかもしれません。はたして、本当にそうかしら?って気づくだけでも、あなたのセックスはもっと自由になるのではないでしょうか。

ココロノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしております。

ココロノマルシェはこちら

セックスができなくなってしまいました acoさん。

現在結婚して、子供一人育てているacoです。

私はエロい女だと昔から自覚しているのですが、今まで付き合ってきた人のほとんどがセックスでいけない男性ばかりで、私に魅力がないからいけないのか、私に色気がないからだめなのかと、自分の落ち度を探し、相手に気を遣い、散々悩んできました。

それが続くにつれて私自身もセックスができなくなってしまいました。

なんでこんなにいけない男性にばかり出会うのでしょうか?

体からスタートして、いけるか見極めようとすると、遊びで終わりますし、大切にしてくれる彼だといけない彼なのです。

結局大切にしてくれる旦那と結婚して幸せではあるのですが、全くセックスライフを楽しめず過ごしています。

むしろ傷つきすぎて一生できない気までしています。

体が目的で好かれるだけでも私からしたらうらやましいです。

どうしたら、またできるようになるでしょうか?

 

acoさん、初めまして、黒江香とお申します。ココロノマルシェへご相談いただきまして、ありがとうございます。

>結局大切にしてくれる旦那と結婚して幸せではあるのですが、全くセックスライフを楽しめず過ごしています。

>むしろ傷つきすぎて一生できない気までしています。

>体が目的で好かれるだけでも私からしたらうらやましいです。

 

ここまで、思い悩んでしまうなんて。せっかくのエロい女を自覚していらっしゃるのに。。。その才能を使えないなんて、それこそ宝の持ち腐れだわ!モッタイナイ。なんて思ってしまう私です(笑)

 

さてさて、男性がacoさんとのセックスのときに、イケない。ということであっていますでしょうか?

男性がacoさんとのセックスでイケないと、

>私に魅力がないからいけないのか、私に色気がないからだめなのかと、自分の落ち度を探し、相手に気を遣い、散々悩んできました。

こういうことなのでしょうか。

実際には、acoさんにお聞きすることができないので、そういう前提で進めさせていただきますね。

 

さて、acoさんにとってもセックスってどういうものなのでしょうか?どうして、セックスで男性がイケないと、自分のせいだと思うのでしょうか?そのあたりをぜひ、振り返ってみてほしいのです。

男性がイク=満足した。そんな風に感じるのかもしれないですね。

私もとっても気になるときがありました。男性がイケない=満足させられていない。ように感じでいろいろしてあげなくっちゃ!って思ってみたり。でも、私のお相手はそれを望んではいないのです。

イクことだけが必要とも思ってはなく(もちろん、イケるときにはイケたらイイらしいです。)それよりも、他に悦びを感じているようです。

acoさんは、とってもお優しい方なのですよね。その優しさをご自分にも同じくらい向けてみてはいかがでしょうか。

 

英語だと、セックス=メイクラブって言いますよね。

愛し愛される行為であり、互いのエネルギーで互いを癒しあうような、悦びと癒しに満ち溢れるもの。それがときにセックスなのではと私は思うのですが、いかがでしょうか。

エネルギー同士の戯れ、交流。そんな感覚もあります。

一糸まとわず、すべてをさらけ出し、自分でコントロールできるものなんかそこにはなくって、ただただ、そのひとときに溺れる。

もとろん、そんなときばかりではないと思います。だけど、互いが互いのエネルギーで癒し合い、とろけてしまうように重なりあうとき。イク。とかイケない。とか関係なくて、またそれらを求めてはいないのかもしれませんね。

 

〇セックスは挿入が必要。

〇セックスではイカせないといけない。

〇セックスではイカないといけない。

〇セックスは、男性がリードするもの。

〇セックスで、女性は乱れすぎてはいけない。

〇セックスにおいて、男性がイケないのに、女性がイってはダメ。

〇セックスのとき、男性を喜ばせなくてはいけない。

 

このような思いっていかがでしょうか。ございますか?

もし、このようなルールに縛られているとしたら、セックスそのものを楽しめなくなるのも仕方ないのではないでしょうか。

 

挿入があってもなくても、イイんです。ただ、抱きしめあっているだけでも、オーガズムに達することだってあります。イク。イかない。もそこにこだわらなくてもいいのではないでしょうか。

acoさんが、イキまくりで、乱れまくっててもいいんです。それがお相手の男性の悦びであるのですよね。

お相手の男性がイケないと、acoさんに「お前のせいだ!」なんておっしゃるのでしょうか。文章を読む限りではそうではない気がいたします。

 

>体が目的で好かれるだけでも私からしたらうらやましいです。

自分が男性に与えられる愛は、カラダだけ=セックスだけってこころのどこかで思っていませんか?

男性がセックスでイケない。と自分が必要ない存在みたいに感じるのではないでしょうか。

 

相手を喜ばせてあげられない私=必要のない存在。

セックスでイカせてあげる=私の存在価値がある。女としての価値がある。

 

ということは、私とのセックスでイケない男性からは、私は好かれるはずもないし、必要ともされず愛されるはずなんてない。

はたして、そうでしょうか?

 

お相手が、喜ぶも喜ばないも、acoさんの価値とは無関係です。

セックスでお相手がイクか、イかないかも、全く関係のない話し。体調やコンディションだってありますよね。

それと愛されているか否かは別物です。

 

男性がイクか、イケないか気になる気持ちはいったん横に置いておいて、acoさんご自身が悦びに溢れるセックスをイメージしてみてはいかがでしょう。

acoさんのカラダが熱くなり、こころも開放されるようなセックス。悦びに溢れる彼との戯れ。ふたりのエネルギーが交わり合い、愛と癒しに満ち溢れるひととき。言葉にもならないほどに、心地よく幸せで。

そんなセックスはどのようなものなのでしょうか?それを遠慮せず思い描いてみませんか。

私は、今、そのようなことをacoさんにご提案したいと思います。

 

もう、相手に気を使ってばかりはいらないの。

魅力だってあるし、色気だってきっとあるんです。もしも、ないと感じていらっしゃるのであれば、ただ見せないように隠そうとしているだけかもですよ。

 

そして、自分を満たすセックスを思いっきり描いてみて、もしも余裕があったとしたら。。。

喜ばせないと私には価値がない。って思ってきた人を挙げてみてください。

その人への思いを癒していくのも、別のアプローチとしてありかと思います。もし、実際にacoさんとお話しさせていただける機会があるのならば、そのあたりをお聞きしてもいいかなって思った次第です。

acoさん、この度はココロノマルシェへご相談いただきまして、ありがとうございました。acoさんのお幸せをこころより願っております。愛する人との、満たされたセックスも。

 

満たされたセックスを叶えたい。そのようなお話しも私といたしましょう。

◆こころもカラダも満たされて、最愛の彼と深く繋がり合う 黒江香の個人セッション◆

初回90分 30,000円+税 にてお受けいたしております。

 

❤❤❤❤❤❤❤❤

オンナは花であればいい。

ただそこに咲き誇る花であればいい。

妻でも母でもひとりのオンナ

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

甘えられないオトコマエ女子の恋愛・結婚 パートナーシップ専門カウンセラーの黒江香

あなたと出会えること、あなたのお幸せのお手伝いをできることは私の使命であり喜びです。

 

❤この記事へのご感想やコメントもお待ちしております~ 私への質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ~

ご感想はこちらへ。いただいたご感想は、どなたかわからないカタチにしてご紹介させていただくことがあります^^

コメントは記事一番のしたのコメント欄へどうぞ!

No Comments
Previous Post
2020年1月16日
Next Post
2020年1月16日