オンライン相談室

アラフォー女子。生涯を共に過ごせる彼氏が欲しいのに、出会うのは既婚男性ばかりなのはどうして!?

はじめましての方は、どうぞこちらへ。ご相談の多いお悩み事例、私の散々な過去の話しなどがございます。


こんにちは、黒江香です。昨日の満月はご覧になりましたか?美しく輝くお月様でした。しし座の満月で、なりたい自分により近づくために絶好のタイミングだそうですよ!

より自信のなさを手放して、セルフイメージをあげていくと願いが叶いやすくなるようです。

さて、このようなご相談をいただきました。

あなたももうそろそろ生涯のパートナーと出会い、愛し・愛される悦びを自分にゆるしてもいいのですよね。

 

アラフォー女子です。

そろそろ、たったひとりの人と深く繋がり合いたい。そういうパートナーシップが欲しいって思うようになってきたんです。

それなりに男性には優しくされるし、モテなくはないと思うんです。誘われることもあります。ただ、私がお付き合いしたい人ではなくって。

既婚者の男性ばかりなんです。

これまで、不倫もしてきました。男性と深くお付き合いすることに、どこか冷めた思いも多く、避けていた部分もあるかと思います。仕事も忙しかったし。

だから、その当時は不倫がちょうど良かったんだと思います。バレなければいいとさえ思っていました。

だけど、今の私は不倫したいとは思いません。これから先、生涯をともに過ごせるパートナーが欲しいんです。互いのいいとこもそうでないことも受け入れ合えるそんな男性とともに過ごしたいと思います。

どうしたら良いのでしょうか?

40代 独身 Mさん

 

ご相談ありがとうございます。そろそろ、生涯をともに過ごせるパートナーが欲しいとのこと。パートナーがいると世界が広がりますし、価値観をひろがるし、与える喜びや受け取る喜びなんかも増えますね。私も、パートナーは常に欲しいって、思っております。

【不倫】というお話しが出てきていますので、今回は不倫の心理にも少し触れてみたいと思います。不倫と言ってもそこに至るにはいくつものパターンがあるかと思います。

そして、ひとつ言えることは、その不倫を選ばざるを得ない状況があったということ。そのときのMさんにとってとっても必要だったってことなんです。

不倫というカタチが、そのときのMさんいとってはちょうど良かったとも言えます。

 

ですので、世間一般的な不倫はダメみたいなのはちょと横において読んでみてくださいね。ここからは、Mさんに限ったことではなく一般論も踏まえたお話しです。

 

・そもそも自分は1番、オンリー1になれないって思っている。

これは、ご自身のことが好きではない。自己否定、自己嫌悪があり自信が持てない場合、あるあるなのではないでしょうか。

たとえ、お相手が、あなたが1番だって言ってくれていても、なんだかんだ細かい何かを見つけてつついたりなさる方もいらっしゃいます。

そうして、無意識にですが、壊しているんですよね。自ら。

 

・すでに1番の存在が他にいる。

よくあるのが、1番の存在がお母さんというパターンです。「は!?」って思いましたよね。ええ、これは心理的にということです。

小さいころから、お母さんの目を気にして、お母さんの言われたことを気にして、お母さんの気に入るように、お母さんの望むお子さんでなかったですか?お母さんに褒められてくて、頑張って来ていませんか?

だから、いつも基準はお母さんなんです。お母さんが1番の存在。ということは彼氏は2番手なんです。

なかなか彼氏ができない、できても不倫だったり2番手の存在。また浮気されるという背景には、もともとあなたにとっての1番が、彼じゃやなくてお母さんということもあるんです。

 

・本当は欲しいものが他にある(誰かの代わりにしている)

すでに1番の存在が他にいる。とも被ってきますが、本当に欲しいものは、彼からの愛情ではないということがあります。

実はお母さんからの愛だったりということなのですね。だからいくら彼から愛情を与えられても、「それじゃない!」って受け取れない。

本当に欲しい愛がとお父さんからの愛だってこともあります。これって、永遠の愛人ポジションです。お父さんにはお母さんという正妻がいるのですから。

 

このようなことが背景になっていることがあります。

そして、不倫って公にはできないですよね。隠すべきもの。アンダーグラウンドと呼びます。なぜにアンダーグラウンドが必要なのかというと

表の社会でイイ子をしている分、内なる悪い子を出せる裏社会(アンダーグラウンド)が必要なんですよね。

お母さんの顔色ばかり見て、お母さんが喜ぶように、お母さんの為にいい子して生きてきたのなら、隠さざるを得なかったこといっぱいありますよね。

ウソついて、塾さぼったことだって、お友達と出かけるって言って、実は男の子とデートしていたことだって、合宿だって言って本当は彼氏と旅行に行っていたことも・・・

そんなことお母さんにバレたら、お母さんの理想の子じゃなくなっちゃう!って思っているんだもの。

 

本当はお母さんの思うようないい子ちゃうけど、嫌われるのが嫌で頑張って来たんですよね。表の顔を演じてきたんですものね。

本当はできないって言いたかったし、やりたくないって言いたかったし、お母さんにもっと甘えたいし、ダメな自分でも大好きって言って欲しかったのではないでしょうか。

それができた相手が、その不倫の彼だとしたら。。。

ワガママ言えて、泣くこともできて、甘えることもできるのが彼だとしたら。

そういう人との関係をもつのは仕方ないのかもしれないですよね。ずーっとしたくても出来なかったことができるのだもの。

 

ずーっとできなかったことができる喜びと同時に罪悪感も抱えるんです。

アンダーグランドで吐き出せることは必要だし、そのときはこころが満たされるかもしれません。だけど、同時に罪悪感を募らせても行くんですよね。

ぞしてこの罪悪感がより、アンダーグラウンドへとハマらせていく。

今回は彼氏が欲しいと思っていてもできないいくつかのパターンをご紹介しました。また不倫にまつわる心理も。

 

ひとつワークをご紹介しようと思います。

懺悔のお手紙です。

悪い子、悪い女だって思う自分のあんなことやこんなことを、お手紙にして「ゴメンナサイ」しちゃいませんか?もちろんお相手にお出しにならなくて大丈夫です。

隠さなきゃって思っている、悪事(あくまであなたがそう思っていること)を表に出してあげるんです。

女友達ってウソついて、彼氏とお泊りにいったこと。

彼氏いるのにいないってウソついて、男性とデートにいったこと。

あれ!?これくらいまだまだ可愛いかしら(笑)

 

思いつく限り、「ゴメンナサイ」って思うことを書いてみてください。

あなたの罪を許してあげるんです。もう償いは十分にしたから、許されているよって。

あなたはもう許されていいんです。そして幸せを選んでいいんです。

愛されていいし、愛していいんです。

 

彼氏が欲しいのに、なかなかできない。いつも不倫の関係ばかり。彼氏が浮気するひとばかり!そんなパターンを持っている方は、ぜひ1度個人セッションをお受けになってみてください。

あなたも生涯を共にできる男性との出会いはあると思います。

 

こころもカラダも満たされて、最愛の彼と深く繋がり合う 黒江香の個人セッション

初回90分にてお受けいただけます。

お受けいただける日程をお申込みはこちらです。

あなたの女をひらくランジェリーセッション

120分でワークとランジェリーショップへの同行ショッピングをいたします。

お受けいただける日程をお申込みはこちらです。

❤❤❤❤❤❤❤❤

オンナは花であればいい。

ただそこに咲き誇る花であればいい。

妻でも母でもひとりのオンナ

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

甘えられないオトコマエ女子の恋愛・結婚 パートナーシップ専門カウンセラーの黒江香

あなたと出会えること、あなたのお幸せのお手伝いをできることは私の使命であり喜びです。

 

 

❤この記事へのご感想やコメントもお待ちしております~ 私への質問やお問い合わせもお気軽にどうぞ~

ご感想はこちらへ。いただいたご感想は、どなたかわからないカタチにしてご紹介させていただくことがあります^^

コメントは記事一番のしたのコメント欄へどうぞ!

No Comments
Previous Post
2020年2月10日
Next Post
2020年2月10日