オンライン相談室

【ココロノマルシェ】夫を怖いと感じてしまうのをやめることはできるのでしょうか。

はじめましての方は、どうぞこちらへ。ご相談の多いお悩み事例、私の散々な過去の話しなどがございます。


こんにちは、黒江香です。

お相手が怖いと思うこと。それも愛するダンナさま。それはこころが辛いですよね。。。

そして、そのお相手がとっても優しい方だって知っているし、特別に怖がらせるようなこともなさらないのなら。

なぜ、怖いと感じてしまうのでしょうか?本当は何を感じて何を恐れているのでしょうか?そのあたりをひも解くことで、怖さは感じにくくなるようにも思います。

ココロってノマルシェという、根本裕幸師匠の弟子どもであるカウンセラーたちが、寄せられたご相談にそれぞれのカウンセリングスタイルでお答えするサイト。そちらへいただいたご相談へお答えしております。

ココロノマルシェはこちら

▼いただいたご相談はこちらです。

 

夫を怖いと感じてしまう時

yさん

こんにちは。

自分自身がわからなくて悩んでいます。

夫はすごく優しいです。

そんな夫と喧嘩したときに、夫が少しでも怒ったような態度を取られるとすごく怖くなってしまい『怖いから怒らないで』と言ってしまいます。

夫は特別声を荒げてもいないし、罵倒するようなことも言わないし、手を出すなんてことも絶対しません。なのに怖くなってしまいます。

夫は、『これ以上しゃべるなということは話し合いも出来ない。怒るのも我慢しなきゃいけないのか』と。そう思うのももっともだと思います。

私もこうなってしまうと思考が停止してしまい、まともに会話ができなくなってしまいます。

夫を我慢させるようなことはしたくないです。

怖いと思うこと自体をやめることなんてできるんでしょうか?

私は母子家庭で育ち、母の彼氏たちや再婚相手は声を荒げたりDVだったり物を投げたりする人たちでした。それも関係あるのでしょうか?

どうすればいいか全くわからず、鬱々としてしまっています。

 

yさん、初めまして。黒江香と申します。この度は、ココロノマルシェへご相談いただきましてありがとうございます。

すごく優しいダンナさま。なのに、彼が少しでも怒ったような様子が見れると、怖いと感じてしまうんですよね。それはyさん、お辛いでしょうね。

>怖いと思うこと自体をやめることなんてできるんでしょうか?

怖いと思うこと。怖いって感じてしまうのは、コントロールできるものではないと思うんです。だけど、おっしゃるように、怖いと思わずに済めばいいですよね。

私も、夫のことがすごく怖くて怖くてしかたなかったときがありました。まぁ、我が家の場合は大声をあげたり、モノを壁にぶつけられたりということもあったのですが・・・

とにかく、そういうことがなくても、またいつそうなるかわからないって。そうなるんじゃないかって、私はビクビクしていたんです。怒られないように、責められないように、そんなことを思いながら過ごしていたように思います。

すると、怖さを感じることばかりでした。

 

yさんは、そういうことないでしょうか?

目の前ではまだ起こっていないことを、不安に思い怖く感じているような事。そしてその不安や恐れが起きないようにってそこに意識が要っちゃうような事。

 

>私は母子家庭で育ち、母の彼氏たちや再婚相手は声を荒げたりDVだったり物を投げたりする人たちでした。それも関係あるのでしょうか?

このようにyさんが感じているのなら、関係あるのかもしれません。

そのとき、yさんはどのように過ごしていたのでしょう?

お母さんはどうしていたのでしょう?

 

そのあたりのことは、気になるところですよね。直接お会いできる機会があるのなら、ぜひここはお伺いしてみたいところです。

 

本当は何が怖いのでしょうか?

ダンナさまが、怒っている様子に、怖さを覚えてしまう。

yさんは何が怖いのでしょうか?本当はなにを恐れているのでしょうか?

 

・怒っている人を見て、何を感じているのでしょうか?

ケンカをキッカケにしてダンナさんが怒っているとしても、それはyさんとは関係ないことです。ダンナさんが怒りたいだけ。それには、yさんもお気づきのようですよね。

責められているように感じるのでしょうか?自分が悪いように感じるのでしょうか?

 

・また、yさんは、どうなってしまうことを恐れているのでしょうか?

 

何を感じ、どうなってしまうことを恐れているのか。これが怖さを抜けるカギのようなきがいたします。

 

直接yさんにお聞きしてみないとわからないことばかりですので、このご相談内容からだけではなんとも言えないのですが・・・

ひとつの仮定としてお読みいただければと思います。あくまで私の想像です。

どこかで、自分のせいだって思っていないでしょうか?お母さんの彼氏や再婚相手の男たちが、声を荒げたりDVだったり物を投げたりする人だったこと。

相手が声を荒げたりDVだったり物を投げたりするのは、自分のせいじゃないかって。

 

また、お母さんのことを助けてあげたかったのに、助けてあげられなかった自分。声を荒げたりDVだったり物を投げたりする人を止めさせられなかった自分。

そんな自分をこころのどこかで責めてはいませんか?

そんなことが気になりました。

 

もし、心当たりがあるのならば、そうだとしても、お母さんの彼氏や再婚相手の男たちが、声を荒げたりDVだったり物を投げたりするのはyさんのせいでは全くありません。

それで、お母さんが苦しんでいたとしても、それを助けてあげたくてもおもうようにいかなくても、それはyさんのせいではありません。

 

それほどにお母さんのことを大切に思っていらしたことは確かですよね。yさんは、とっても愛がいっぱいの方なんですよね。ダンナさまへの思いもそうですよね。

愛いっぱいのyさんは、お優しいダンナさまとお幸せになったらいいんですよね。なる権利があるし、ならなくっちゃ。

 

もしかすると、それを阻むものが、yさんの意識の中(ご自分では意識できないことも含めて)にあるのかもしれません。それが私の想像として書かせていただいた中に、その何かがもしかするとあるのかもしれません。

 

後半は私の想像での話しになってしまいましたが、何か、yさんの心がラクになるきっかけとなれば幸いです。もしよろしければ、

・怒っている人を見て、何を感じているのでしょうか?

・また、yさんは、どうなってしまうことを恐れているのでしょうか?

 

このあたりのことを、ちょっと見つめてみていただければと思います。ムリはなさらず。

ひとりでは行き詰まりを感じる際には、どうぞ、カウンセリングもお使いになってみてください^^

 

ご相談いただきまして、ありがとうございました。黒江 香

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

No Comments
Previous Post
2020年3月28日
Next Post
2020年3月28日