愛される女性になる秘訣

女をだすって、どうしたらいいの?

はじめましての方は、どうぞこちらへ。ご相談の多い悩み事例、私の散々な過去の話しなどがございます。


こんにちは、黒江香です。

「女をだす」方法論や、テクニックなど、あたまで考えることなく、あなたの女性としての魅力・価値は、溢れさせることができるようになります♡

今日は午後から、オンラインにて3名さまの個人セッションをさせていただいてました。

お使いになる言葉や表現はそれぞれでしたが、共通のテーマがあったように思うんですね。

【わたしの中の女】

をどうだしたらいいの?どう表現したらいいの?

広くいうとそんな感じでしょうか。

 

女性性やセクシャリティの解放。

 

自分の中の女の部分を、ただ、あるんだって、私は女だって、認めるということ。

もしも、心のどこかで嫌悪感を感じたとしても

自分にはないのかも、足りなんだって感じたとしても

 

女性性とは、ありのままの自分を受け入れ、感じるままにしなやかに、流れに身を委ねて生きること。と私は表現したりするんです。

そして、セクシャリティとは、性的魅力という捉え方が浮かぶかなって思うんですが、実は心理学的にみると、もっと広い意味でも捉えます。

 

セクシャリティ=生命力

あなたがイキイキと輝くさまともいえるのね。

セクシャリティをひらくと、色気やセクシーな要素が溢れる方もいれば、可愛らしさや無邪気さ、天真爛漫さといった魅力がより開花する人もいるんです。

母性がより溢れたり、エネルギッシュで姉御肌なところや、肝っ玉母さんのような安心感を解き放つ方もいるかと思うんです。

 

あなたにも溢れんばかりにある、魅力。

 

それを魅力というより欠点のように感じていたり

まだまだ足りないとか無いように感じていたり

はたまた、隠さないといけないように感じていたり

 

そう感じて生きていると、本来の自分とは異なる自分で生きているから、苦しくなってしまうもの。

 

誰かを演じているような

違う誰かの仮面をかぶっているような

 

そうすると生きづらかったり、自由を感じられないような感じがするのは、きっとわかりますよね。

女をだすって、どうしたらいいの?

 

こうきかれたときに・・・

私がそのとき感じたのは、「何もしなくていい」でした。

それは、どうにかしようとか、自分でコントロールしようとしなくてもいいということと言えるのだと思います。

 

足したり、引いたり、そんなこと、もう何もしようとしなくて大丈夫なんだと思ったんです。

 

私は今のままで十分にいいオンナだって思っていたらいいし、

私には私の女としての魅力が、あるんだって気づいていればいいんだと思うんです。

 

あなたが、気づき、感じていればいい。

 

女性性という言葉の一方で、男性性という言葉があります。

こちらは頑張ったり、決断したり、リードをしたりして、結果や成果を数値としてもだしたりできる能力。

論理的で思考的です。

可視化できたり、認識しやすいものだと思います。

 

一方、女性性の要素って、感覚的なんです。数値化もできなければ可視化もムズカシイ。

ゆえに、自分には女性性があるのかしら?発揮できているのかしら?って悩むこともあるかもしれませんが。

 

 

わたしは女。

わたしはわたしを生きていい。

 

そして、自分の女が喜ぶものを、あなたの感性で楽しめばいいんだと思います。

それは、音楽でも、美術鑑賞でも、お酒を楽しむことだって。ネイルやメイクだって。

 

塗りたい口紅の色や質感ひとつをとっても。

身に纏いたい、ランジェリーの素材だって。

 

あなたの女を表現することに、決められたカタチも制限もないんだもの。

その日、そのときの気分で、その揺れ動きさえも楽しめばいいんだもの。

カタチやルールは要らない。

アクセサリーをその日の気分で選ぶように。

 

自分にはないように感じていた価値や才能、魅力を、「あ、私にもあるんだ。」と認めることで、とっても柔らかな表情になったりします。

周りの方からも言われるようになると、ご自分でも認めざるを得なくなりますよね(笑)

おそらく、あなたの価値や才能、魅力。母性や優しさ、女性の包容力。表現していることでしょう。

 

女をだすってどうしたらいいの?ってあたまで考えることなく、自然体でだせるようになりますよ♡

 

ただいま、このようなことをしております。

あなたの中の女。セクシャリティ。その魅力を受け取って、愛する男性とより深く繋がり合ってみませんか。

 

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

No Comments
Previous Post
2020年4月12日
Next Post
2020年4月12日