黒江香のここだけの話し 

ねもとも(根本裕幸さん繋がりの愛する仲間)との繋がりで気づいたこと。男と女でありたい思いと、家族になることへの恐れと葛藤。

はじめましての方は、どうぞこちらへ。ご相談の多いお悩み事例、私の散々な過去の話しなどがございます。


こんにちは、黒江香です。

昨日は、お師匠さまの根本先生のリトリートセミナーの仲間たちとのオンラインでの飲み会でした。夫もリトリート仲間でもある黒江家。お酒やおつまみ片手に家族で参加しました!

ちょうど年齢が近いこどもたちばかりで、息子も大好きなねもとも&ねもともキッズ♡

そうそう、それで、大きなことに気づいたんです。

あれ、私、家族というものに違和感がなくなってる!!

なんのこっちゃ?ですよね。説明はちょっと難しいのですが・・・

 

私は、「好き」「大好き」はわかるけど、「愛」って何!?って思ていたし、「愛する」「愛される」ってわからないってずーっと思っていたんです。結婚して20年近く経ち、子どもがふたりいても。

ほんの1年前、いや数ヶ月前くらいまで、「愛してる」ということがなかなか言えないし、認められませんでした。

「香ちゃんは、ダンナのことをめっちゃ愛してるやん。家族のことをめっちゃ愛してるやん。」と言われても、「愛がなくはないです」みたいな言葉しか言えなかったの(-_-;)

 

それは、私の愛に自信がなかったから。

私の愛なんて、大したことないし、価値なんてないって思っていたから。

 

本当にダンナのことを愛しているのなら、他の男性にフラフラしたりしないでしょ。

私の愛が届いているのなら、もっと関係いいはずでしょ。

ダンナが、「生きててもしょうがない。何一ついいことなんかないじゃないか。」なんて言わないでしょ。

娘だって、「死にたい。ママが産んだせい。」なんて言わないよね。

娘と虐待まがい取っ組み合いなんかしないよね。

子どもたちのこと、もっと上手に育ててあげられよね。

 

って、自分を責め続けてきたの。

私の愛と、夫やこどもたちがどう思うか、どう過ごすかは、すべて手とは思わないけど正直関係ない。

なのに、私はそれがイコールになっているところがあって。

 

家族の幸せは私の責任。

家族を幸せにしなければいけない。

 

なんと、傲慢Σ(゚д゚lll)ガーン

決してそうとは限らない。なのに、そこが切り離せなくて。

だから家族になること、家族であることが怖くて避けていたのね。

 

もう傷つきたくないし。誰も傷つけることをしたくない。

 

私は愛されるよりも、愛したい気持ちが強く、私の受け取り下手は、自慢じゃないけど有名(笑)

愛を受け取ってもらうことで、自分の存在価値をはかっていたみたい。

自分が愛を受け取ることには、抵抗ばかりで。

 

愛されるなんて、怖くてムリ。

私が、自立系武闘派女子であることは紛れもなく(汗)

 

だけど、私のダンナへの愛や、子どもたちへの愛は大きくて深いよ。って何度も何度も、仲間たちが懲りずに伝えてくれて。

根本さんの弟子になり、カウンセラー仲間が増え、私へ愛を伝えてくれる仲間はもっと増えた。

そのおかげで、愛を受け取るということが、前に比べてできるようになってきたんだと思います。

 

私は、長い付き合いになっても【男と女】であり続けることをしたいし、大切だって思っています。

だけど、今思うと、私は、夫婦・男と女でありたいって気持ちが強すぎて、こだわり強くて、頑なで。

セックスレスの問題を抱えているときは、まさに!!

こだわるって、それがないって思っているからでしょ!?自分には、ない、足りないって思っているから執着しているの。

執着すればするほど、遠くなり、けっこう、拗らせました。

 

ずいぶんと緩~くなりました。緩くなれたことに、とーっても嬉しく思いました。

男と女であることと、家族であることには、対局にあるような気がしていたけど、同時進行はできるんだ。

同時進行で育ててるんだ、私。って、そう思えました。

 

結婚したら、家族になって、女として愛されなくなっちゃう?

結婚したら、女としての自分は大切にしてもらえなくなる?

結婚して、子供生まれたら、夫婦関係なんてこんなもの?

女として愛されたいと思うなら、婚外恋愛をするしかないの?

 

結婚しても、ずーっとひとりの男と女として愛し合いたい♡

パパとママになっても、男と女であり続けたい♡

そんなパートナーシップを望むあなたと、私はお話ししたいと思っています。

 

 このようなことを、今だけ限定!でしております。

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

No Comments
Previous Post
2020年4月19日
Next Post
2020年4月19日