愛される女性になる秘訣

女性性が豊かで、セクシャリティが豊かな女性って、お色気ムンムンな人!?

はじめましての方は、どうぞこちらへ。ご相談の多いお悩み事例、私の散々な過去の話しなどがございます。


おはようございます、黒江香です。続きを書きますって言いつつ、気づけばめっちゃ時間が経っていましたの。

ゴメンナサイ。

これは、私が女性性やセクシャリティを抑えてきた理由と、どうやって開放したのか。そしてそのときの葛藤について、ご質問をいただいたので、それについてのお話しです。

私は、とにかく自立的に生きなきゃってしてきたところがいっぱいでした。

 

ホントの私って、いづこ~

ホントの私で生きるなんて、いったいどういうこと!?

自分を律して、ちゃんとして、嫌われないように見捨てられないように。

そういうもんでしょ!?って。

 

そうあることは、女性性やセクシャリティをひらいて生きることとは無縁というか真逆というか。

だったんです(T_T)

 

さてさて、おしゃべり会のときに、ご参加のみなさんに聞いてみました。

 

女性性の豊かな女性ってどんな女性だと思いますか?

 

女神さまのようで、特別な感じ

外見が美しい人

愛される要素がある人

心が安定している人

色気があり、色っぽい人

ロングヘア―で、パステルカラーが似合い、ふんわりしたワンピースやスカートが似合う人

受け入れることが上手な人

包容力のある人

 

このような意見が出ました。

外見の女性らしさは=女性性 じゃないかという意見はみさなん言われていました。

確かに外見はいちばん外の中身だって私はお伝えしているので、その観点から言えばそうですね。

が、私は決してそれだけではないと思っています。

 

外見はテクニックで、いくらでも女性らしく見せることは可能だもの。

ホステスさんや、男性向けの商売の女性が、女性性高いとか限りません!という話しには、みなさん衝撃的だったようです。

あと、エステティシャンや看護師さんなんかも、オトコマエ要素が強い方が多いかと思います。もちろんすべてとは言いませんが。

 

さてさて、外見の女らしさのお話しですが

たとえば、髪の毛はショートよりはロングの方が、断然女性らしく見えます。

そして、真っすぐなストレートより、巻き髪にしてうごきをだせば、ぐーんと女っぽさもアップ!

こういうのは、なんぼでもテクとしてできること。

仕草だってそうです。

立ち方、座り方もS字を意識して、曲線を意識すると、それだけでも、女度は数倍格上げさせつことができます。

前記事で紹介した、私のお気に入りのランジェリーショップのお写真。

こちらのお写真って、S字を意識してのポージングだなって思うんです。

髪の毛もウエーブだし、口元もぽてっとして女性感がでるようにしてあると思います。

だから、見た目はそのものは女性性云々も関係ありますが、思考を使って戦略的に男性性を使ってもいかようにも出来ちゃうのよね。

見た目はめっちゃオンナでも、中身は男性的な女性って、あなたもきっとひとりやふたり思い浮かぶと思うんです。

 

ただしです!

女性らしい装いやふるまいを、心地よく感じたり楽しめるのは、私は、女性性ゆえかなって思います。

 

男性性が思考なら、女性性は感じる。

男性性が与えるなら、女性性は受け取る。

男性性が直線的なら、女性性は流動的。

男性性が縦のつながりなら、女性性は横のつながり。

 

様々な意見や、考えが飛び交うなか、「そういう考えもあるよねぇ」って話しを聞くことができるのだって、女性性を発揮してるんですよ。

女性性って、なんかムズカシイ。

自分とは程遠い。

なんて思うようなら、こういうところもあなたの中に見つけてみてみるといいかなって思います。

 

女性性がないひとなんて、いないから。

発揮しやすいジャンル、そうじゃないジャンルはあるかもですが。

 

女性性のキーワードは、感じる・受け取る。

より開放してみたい思うなら、五感を大切にしてみるなんて、おススメです。心地いも、心地よくないも素直に感じてみるんです。

 

味覚・・・美味しいって感じるものを、味わっていただく。

嗅覚・・・好きな香りを、日常に取り入れてみる。天然のアロマはおススメ。

触覚・・・肌触りのいいものを身に纏う。ランジェリー・ナイティ・寝具なんかにこだわってみてはどうでしょう。

聴覚・・・音を大切にする。心地いと感じる音楽をかけるもいいし、声を自分の声を、より伝わりやすい声の出し方とかを意識してみるのもいいかなって。

視覚・・・目にするものをあなたが心地よく感じるものにしていく。それはお部屋の空間だってそうだし、お洋服やメイクだって。

 

そうやって、日常的に、自分の感覚を大事にしていくことを増やすの。

直感で選ぶことなんかもしてみる。

自分の心地いいものを、ひとつひとつ。

そうしていると、正しさや誰かの基準よりも、自分の感覚を大切に思います。

すると、正しさ争いで勝ち負けにこだわる必要だってなくなるし、

愛をより受け取れるようになるのではって思うんです。

 

そう、女性性やセクシャリティも豊かな女性は、お色気ムンムンな人とは限らないですよ!ってことです。

10日間毎日とどく目0ルレッスンでも、女性性豊かな女性について学べます。ご登録がまだの方は、どうぞ読んでみてくださいね。

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

No Comments
Previous Post
2020年5月12日
Next Post
2020年5月12日