黒江香のここだけの話し 

恐れを超えた先にあるもの

はじめましての方は、どうぞこちらへ。ご相談の多いお悩み事例、私の散々な過去の話しなどがございます。


こんばんは、黒江香です。

今日はお師匠さまこと、根本裕幸さんの、お弟子講座3期(大阪開催)のプレセミナーでした。今回は緊急事態宣言発令中にて、オンラインにて開催。

そこで、講師でもあるヤタさんジュンコちゃんとともに、卒業生としてウエルカムスピーチをさせていただきました。

私、かなりの緊張しぃ~でして。

1対1は全然平気だし、少人数のグループも大丈夫です。だけど、対30とかなると苦手意識がでちゃうんですよね。

なので、少しでも気分よく!ということで。花柄のワンピースにピンクのバラを側において。

私は、幼稚園くらいの頃から、大人になっても、吃音が酷くて、それで、喋りたくても声がだせなくて、すごくイヤな思いをいっぱいしたんですね。馬鹿にもされるし、笑われるし。

一番記憶にあるのは、学校で当たられて発表しないといけない場面。日直などで、みんなの前にでて、声を発しないといけない場面です。

かなりのトラウマだったみたいです。

それが、結婚して子供を産んで、ほとんど気にならなくなりました。講師業もしてきたし、今ではYouTubeチャンネルも持ってますものね。

 

それでも、今回、お話しをいただいたとき、正直悩みました。でもね、「やりたい」気持ちの方を選んだんです。

で、原稿を書き、実際に読んでみて、タイムを計り、何度か書き直しをしました。

で、なんとか本番終了!

 

恐れを超えて「やりたい」を選んで、チャレンジした自分、エライ♡ ホント、そんな気分です。

お弟子3期のイチカさんが、Twitterにこう書いて下さているのを発見! 超嬉しかったです♪私の言葉がさらに、素敵な言葉になっているし。

イチカさんに、これブログに載せてもいいですか?って即連絡(笑) ご快諾いただきました!

イチカさんは、すでに、ブログも更新されてるんです。イチカさんのブログはこちらです。

 

今回、得たこと。

やりたいを叶えるために、できることをやりました。すると恐れは恐れでなくなります。

原稿書いて、何度も読んで、時間をはかって削ったり。これ、避けてたけど、やってみたら楽しかったの!

そして思い出したんです。アロマの先生をやってたとき、原稿書いて、喋りの練習やってたこともよみがえってきました。

そして、話した内容にもなりますが、「私は私」それ以上でもそれ以下でもない。

 

スピーチしてた3人とも、つきつめれば同じような内容の部分があったのですが、表現も使う言葉も全然違う。

それでいいし、だからいい。

私は、50名もの人の前で、自分の思いを話すということを、成し遂げられた。

この恩恵はとっても大きいです。

チャンスをくれた根本先生に、とっても感謝しています。

 

恐れを超えて、チャレンジした先に、見えるものがきっとあります。

怖い、苦手、ザワザワする、どうせムリ・・・いろんな言い訳が浮かぶかもしれません。

 

だけど、やっぱり気になる。やってみたい。新たな世界を見てみたい。

そう思うなら、チャレンジしてみませんか?

 

女性性・セクシャリティをひらきたいとも思うけど・・・怖くて。

でも、やっぱり気になって。

そう思うと、香さんのとこだって思ったんです。

 

最近、そう言ってセッションなどをお受けいただきます。

セクシャリティも女性性も閉じ込めて生きてきた私だから、お伝えできることがあると思います。

 

私が私の女を認められなったから。

罪悪感もいっぱいだったから。

女として、幸せになることを、避けていたから。

 

自分の女を認め、大切にし優しくするようになったら・・・

ダンナが優しくなりました。頼もしくなりました。イキイキとしてきました☆

 

女性性・セクシャリティをひらくって、特別な何かに変ることではありません。

 

あなたらしくなってていくだけ。

本来のあなたにもどっていくだけ。

 

女は花であればいい

だたそこに咲き誇る花であればいい

 

そういう風に生きる自分に戻るだけ。

 

あなたも、恐れを超えて、チャレンジしてみませんか?

女子力アップの楽しい講座です。

30分無料延長サービス!いつもの90分セッションで90分と30分の2回。60分と60分の2回。に分けてお受けいただくことも可能です!

少人数のグループで、おしゃべりしましょう。


今日のお供たち。薔薇に、ダマスクローズのローズウォーター。ダマスクローズは最高級の香りなの❤

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

 

 

 

 

No Comments
Previous Post
2020年4月26日
Next Post
2020年4月26日