ご紹介したい素敵な方々

あなたは、私たちは、愛されているから今ここにいる。友人のヒーリングに癒される。

はめましての方は、どうぞこちらへ。ご相談の多いお悩み事例、私の散々な過去の話しなどがございます。


こんにちは、黒江香です。昨日は、友人のシーターヒーリングを受けました。友人がシーターヒーリングをベースにしたセッションのモニターを募集しているということで。かつてシーターをしていたということもあって、声をかけてもらったの。

かなり久しぶりのシーターヒーリング。この為に私の心とカラダは準備をしたようで、カラダは重いし、異様に冷えるし(笑)ホント、私ったら感じやすい。

そう、私は、6、7年前、シーターヒーリングを学んでいました。シーターヒーリングとは、セラピストがシーター波状態になり、クライアントさんの思い込み、潜在意識を書き換えていくサポートをするというヒーリングワークです。

ひろこちゃんです。4年前(にもなる!)、東京でのお師匠さまの根本さんのカウンセラー向けのセミナーで出会いました。って、そのころ、全くカウンセラーになる気はなかった私。

このときの懇親会でお隣になり、同じハンカチを持ち、のちのち、結婚生活やらなんやらいろんな共通点があることもあり、毎年、1,2回は、関西で会うように。

 

なんで、ひろこちゃんのシーターヒーリングを受けたいと思ったのか

それは、私がシーターヒーリングを有料メニューにできなかった思いに通じるのだけど。

私のシーターヒーリングの師匠は、「必ず前世をリーディングしましょう」という教え。また、セラピストとクライアントが同じイメージをしやすいように、共鳴しやすいように、手を繋ぎながらセッションを行うというスタイル。

そのあたりに、私は「シーターヒーリングを学ぶもの同士ではできるけど、それを一般に広めるのはハードルが高いな。」って感じて。

だから、そのシーターヒーリングをオンラインでどうやってするんだろう?もとっても興味があったこと。

あー、でもこれ、書きながらなんか違うわ。言い訳だわ。

シーターだから、スピだから、ハードルが高いんじゃなくて、私の提供するもに価値がないって思ってたことだわΣ(゚д゚lll)ガーン

そして、受けたのは、単純に、ひろこちゃんの感性に癒されたかったから。やっぱりこれにつきます。

 

受けてみてどうだったのか

ちょっと話しだしたときから、涙が溢れてきて。

まだまだ、抱え込んでいるもう要らないはずの思い込みがあって。

 

私は人と違うことで、たくさん傷ついてきたから、目立つことをまだ恐れていて。

そんな私をヒーリングしてもらいました。

 

香ちゃんは、十分に愛してきたよ。

香ちゃんの大きな愛で、たくさんの人を愛し、癒してきたよ。

それは、今もなお。

だから、もっとその愛のパワーを強めていいのよ。

目立つことで、その愛に癒される人が増えるのよ。

幸せになり笑顔が増えるのよ。

そのために目立っても、安心だし、安全だよ。

圧倒的に目立っちゃいな。

世のため、人のために、幸せになるのよ。

 

そんな言葉をたくさんかけてもらいながら、ヒーリングしてもらいました。

胎児のワーク。心理学的に言うなら、バースプロセスのヒーリングワークをしてもらいました。

私たちは、お空の上で、両親を選び、生まれてくると言われています。それは、その両親を助けたくて、愛したくて。困難が待ち受けていることをも知りながら。生まれる性別も、どんな人生を送るかも知りながら・・・

そして、誕生したそれだけで、愛に溢れている。存在そのものが喜ばれている。

もし、仮に、存在を喜ばれているように思えない状況だとしても、あなたがその困難を知りながらも、この世に生まれたこと。それはあなたの大きな愛。

つい先日、4月29日には、お師匠さまのリードでバースプロセスのイメージワークをしたばかり。そして今回のひろこちゃんのリードによる胎児のワーク。

 

私は、存在だけで愛されていたし、愛されてきたし、愛されている。

そして、存在だけで、愛してきたし、喜びを与えたし、癒してきた。

抱える罪悪感や無価値感も、愛ゆえ。

 

そう、私の話しとして書いていますが、あなたも。

 

ひろこちゃんのブログはこちらです。

 

去年のGWは、大阪で一緒にバーベキューしてたな~

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

ヒーリングワークもしております。1対1のセッションは、ただいま特別企画開催中です。

 

 

No Comments
Previous Post
2020年5月3日
Next Post
2020年5月3日