お客様の声 女性性をあげて、愛させ上手な姫になるために

ほんとは愛したいし、愛されたいのになあ、という気持ちになって涙が溢れました。

はじめましての方は、どうぞこちらへ。ご相談の多いお悩み事例、私の散々な過去の話しなどがございます。


こんにちは、黒江香です。この数日、自分のエネルギーの循環がうまくいかない感じだった私です。友人や仲間に弱音も吐きまくりだったりね。

メルマガにもそんなことを綴ったり。数年前には考えられないことをしている私がいます。

未だに、そんなんして大丈夫なん!?って、怖くなる私が、皆無ではないけれど、ネガティブな感情も弱音も感じるもんはしゃーなんやん!という私もいるから、人って変わるんやなーって思っています。

そして、

【人は長所で人を愛し、短所で愛される】

【あなたの弱さは誰かの強さ】

【弱さがあるから、誰かに愛させてあげることができる】

こんな言葉もあるんです。

 

人は変わる。成長する。本来の在り方に戻ることができる。

どの言葉が、今のあなたにフィットするかは分かりませんが、私はそう思っています。

出会ってから1年ちょっと。柔らかさがどんどん増して、魅力や才能がにじみ出てきてるなぁって感じる彼女からのメッセージです。

なにか、あなたへのメッセージになれば嬉しく思います。

 

香さん

○○〇です。

お久しぶりですが、いつもかおりさんのメルマガなど拝見しています!

オンラインや対面でお会いしたいなと思いつつ、イベントやセッションのタイミングがなかなか合わずで、、

この形で初めてメルマガの感想をお送りします。

わたしは結構気分屋で感情の波が大きな方だと思うのですが、かおりさんがメルマガとかで、こういう気分の日だった、とかお伝えしてくれるのと、私の状態が不思議と合っていることが多く、同じだーと思ったりしてます(笑)

一緒にしてごめんなさい(笑)

わたしは親ではないですが、香さんとお嬢さんのお話なんかとてもいいな、と思いました。

もちろんわたしは娘でもありますが、その立場よりも、母親の目線の方が今は何か感ずるものがあります。

それといきなり恋愛の話になってしまいますが、最近コロナの影響もあり、好きな人の顔を長らく見ていません。それで、ネガティブな気持ちになるのを超えて、会えなくても平気な自分がいたりして、愛とか恋ってなんだっけ、仕事の方が大事になってる、と思うことがあり。。

そんな時、あるドラマを見てて、いやいや、ほんとは愛したいし、愛されたいのになあ、という気持ちになって涙が溢れました。

そのあとたまたま香さんのメルマガ読んで、

「愛は気づけたのなら、どんどん溢れるもの」

ていう言葉に触れて、たしかに、涙と共に愛が溢れたんだなあと感じました。。

最近、不安や相手を疑う気持ちは、相手が目の前にいない時は特に、自分の頭の中だけで作り出している

ということを思い、ふと、

物事には、どんなものにもヒカリと影があるんだから、ならヒカリの方をみよう、信じよう、って思えた瞬間がありました。

 

相手にも、わたしの思っても見ないような愛があるかもしれないなぁという感覚になりました。

相手に好きになってもらう、相手の気を引く、より、相手の愛を探す、見つける、のほうが素敵な発想だなと思いました(*´-`)

その時々で色々と難しかったりしますが、、

次に香さんに会える日を楽しみにしています!(o^^o)

〇〇〇

 

〇〇〇ちゃん、いつもどうもありがとうございます! ただの自分語りのようなメールにこんなにも、いろんな気づきをしてくださり、そして、メッセージもいただけて、とてもありがたいし、嬉しいです♡

>ほんとは愛したいし、愛されたいのになあ、という気持ちになって涙が溢れました。

この気持ちを素直に感じられる。これがとっても素敵だなって思いませんか。

好きな人を、素直に好きだって思える。

 

好きって、思考でどうこうすることじゃないんですよね。

好きなものは、好き。

反対にイヤなもんはイヤ。

 

シンプルやけど、これって、めっちゃ大切なんやと思う私です。

そして、そうは言っても、それってムズカシイって思っていました。

あなたは、いかがでしょうか?

 

好きなもんは、好き。

イヤなもんは、イヤ。

 

あなたも、まずはここからいかがでしょう^^

あなたの中にある、愛に素直に生きる。

本当はそれがしたいのではないでしょうか?

 

あ、ちなみに、どんなメールか気になったあなたは、メルマガにご登録を~バックナンバーにてすべてお読みいただけます♪

最愛の彼から永遠に愛される!色香女子の愛されマインド

 

 

個人セッションでは、あなたが、本来の魅力を解き放ち、愛に素直に生きるお手伝いをしています。

 

今日もブログに来てくださった、あなたのおかげで、こうしてお届けできました。愛しています。いつもありがとう❤

あなたがあなたの魅力そのままに。

何かに遠慮することなく、最愛の男性と愛し・愛される人生を。

大好きなひとと、愛と喜びを感じて、深い繋がりを感じられますように。

 

No Comments
Previous Post
2020年6月3日
Next Post
2020年6月3日